日々佳良好

アクセスカウンタ

zoom RSS 天皇皇后両陛下の隠居のために17億3000万円

<<   作成日時 : 2018/07/01 23:42   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

水間政憲氏のブログからの引用です。

〇転載フリー《昭和天皇時代の皇室と現在の違い》■昭和天皇時代の皇室と現在を比較すると様々な違いが明らかになります。

昭和天皇は、1945年5月25日に宮殿が全焼した後、焼け残った文庫室にお住まいになり、宮内庁が御所の建設を繰り返し、上奏しても「世の中には住む家の無い人もあるのに、私にはこれだけのものがあるのだから」と却下され、1959年に皇太子殿下(今上陛下)御成婚の2年後1961年に、吹上御所が落成し住まわれるときに還暦を迎えられ「こんないい家に住めるようになったのもみんな国民のおかげだ」と、述べられておりました。

この度の今上陛下の退位に関して、宮内庁が要求した予算に理解できないのは、天皇皇后両陛下が移り住まわれる東宮御所(改装費8億9千万円)が改装されるまで、仮住まい用として高輪皇族邸の改装費として8億4000万円が計上されている事です。

『ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実』を通読された方は、理解できることですが、皇室には季節に適した御用邸があり、大正天皇は、葉山御用邸で御療養されておりましたが、その葉山御用邸の他に伊豆下田には須崎御用邸、そして那須御用邸など仮住まいであれば御用邸があります。

その他に京都には、ほとんど使われていない京都迎賓館もあります。

実際、被災地に繰り返し行幸されていらっしゃる天皇皇后両陛下は、仮住まいの被災者を多数間近に見ておられ、「仮住まいは既存の御用邸で十分です」との、お気持ちだと思われます。宮内庁は、天皇皇后両陛下のお気持ちを「忖度」し、国民から疑問視されるような無駄な税金を極力使わないよう心掛けなくてはいけないのです。

※昭和天皇が草葉の蔭で悲しまれていると思われることは、最近、宮中祭祀の簡略化だけでなく、祭祀の中の重要祭祀を欠席する皇族に「ぼっーと生きてるじゃないよ」と、激怒されていらっしゃるように思われます。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2851.html


なんと東宮御所改装費に8億9000万円と輪皇族邸の改装費に8億4000万円だって!!

ところで東宮御所は小和田雅子の入内に伴い、日本庭園の建設と洋風内装改修で3億800万円、1997年には、雅子卑の祖父の江頭豊が自由に出入り出来るようにバリアフリー化が行われ5億8000万円、愛子さん誕生の改修で3000万、2008年と2009年には老朽化の改修で約10億円もかけている。
これだけかけてもまだご不満のようで、これから8億9000万円もかけるって!!
さらに仮住まいのために8億4000万円だというから驚く。

ある方が言っています。(私じゃないからね)
だいたい80過ぎてそこまで金を使いまくる今上や皿婆っておかしいし、改装中に死んだらとか考えないニカね?
尿もれ一家なんて絶対にろくな公務などしないのは明白なのだし、面倒な公務は秋篠宮にやらせて、自分たちは今と同じ豪華さで暮らすつもりでいるし♪

誰でしょうこんな真っ正直なことを言う人は。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天皇皇后両陛下の隠居のために17億3000万円 日々佳良好/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる