日々佳良好

アクセスカウンタ

zoom RSS 東四つ木避難橋って何者?

<<   作成日時 : 2018/04/03 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日散歩で木根川橋を渡った。
画像

この橋は以前雨の日に行って寒さで早々にギブアップした記憶に残る橋である。

本日はそのリベンジで蔵前橋から歩き始めてここを経由して青戸まで歩く予定であった。
本日は誠に良い天気で温かく前回の寒さのギブアップが嘘のようである。
木根川橋の右岸の堤防に横になって空を仰いでいたら眠くなって一寝入りしてしまった。
ヘリの音で目が覚め「いかんいかん」と起き上がって周りをキョロキョロしたら遠くに黄色い橋が目に入った。
あれあんなところに橋がある?なんだろう。
綾瀬川に架かっていて荒川には届いていない。
昔の水道道路の名残か?
(水道道路についてはhttp://katintokei.at.webry.info/201803/article_28.htmlを参照ください。)

そこでその黄色い橋を目指しました。
画像

あれなんだか様子がおかしいぞ。
画像

橋の左側がストンと切れていて階段で繋がっている。
画像

橋に上がってみました。
荒川側には車止め。
これじゃ車は通れないよね。この橋は。
水道用の橋でもないし。
画像

一体何のための橋なんだ?
橋の銘板を見たら「東四つ木避難橋」と書いてある。
画像

なに?避難橋って。
これは帰って調べよう。
でも答えはその後にわかりました。
ここから京成立石に向って歩いていたらこんな恐ろしい表示が目に入りました。
画像

なんと洪水になるとこの赤線まで水が上がるんだって。
これじゃたまったもんじゃない。高い所に逃げるしかない。
それで避難橋なのか。

それを裏付ける記事がないか探してみました。
あああった。あった。
http://kai-wai.jp/2007/01/post-823.html

前略・・・・
この四つ木あたりが、万一、水に襲われたときに、いくらか水面から顔をのぞかせているはずの土手に避難するための橋のようです。・・・・中略・・・・・
こんな橋が存在することを知ると、「ここまで考えてるのか…」と感じる反面、「ええっ、こんな橋が必要になる可能性があるわけ?」と、やや空恐ろしくもなります。
後略・・・・・

へー避難橋ね。
初めて知ったわ。
ところでこの橋を調べていたらここには絶景ポイントがあるんですね。
橋の中央にライトアップされたスカイツリーです。
画像

それなら私も負けじとこれなんかどうでしょう。
この橋から見た首都高の中央環状線です。
画像


ああそうそう。
さだまさしの見た景色を忘れるところだった。
はいこれがさだまさしの「木根川橋」の歌詞に出てくる「白髭神社」です。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東四つ木避難橋って何者? 日々佳良好/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる