テーマ:回想記

田子倉ダムの思い出

5000話記念で書いた「黒沢鉱山の思い出」であるが「黒沢の思いで」という本には当時工事中だった田子倉ダムの写真もいくつか載っていた。 当時私の住んでいた家からはダムは直接見えなかったので工事中のダムの様子は殆ど見ていない。 だからこの写真はある意味新鮮であった。 そうか当時はこんな工事が行われていたのか・・・ よし!それじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5000話記念/過去にどんなことを書いていたか

5000話記念を発表したついでに過去ブログで1000話・2000話・3000話・4000話ではどんな事を書いていたのか気になり調べてみました。ブログスタートが2010/09/04である。 1000話 ・動画 世界ウイグル会議シンポジュウム2012/05/20 これは動画がリンク切れになっていました。 2000話 ・韓国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5000話記念・黒沢鉱山の思い出

これがブログ日々佳良好の5000話になります。 私の人生は鉱山と深く関わっています。 先祖が山形県金山の谷口銀山で山を持っていたことは先祖探しの旅に書きました。 そして父が生まれたころ先祖は山形県の幸生銅山で生活をしていました。 そして私が子供のころ只見に住んだがここには黒沢鉱山がありました。 (ただし父は鉱山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿漕な民進党やなー

民進党がまたしても「企業・団体献金の禁止」法案を出すようです。 この中の5頁に書いてあります。 ◇政治改革◇ 企業団体献金禁止法案を提出 国民一人ひとりの理解と信頼に支えられた政治を実現するため、企業団体献金を禁止し、個人献金を促進するための法案を国会に提出し、その成立を図ります。 これは自民党への献金をさせないようにす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

44年前の父と母が映った写真

昔のアルバムを見ていたら44年前の佐渡の尖閣湾で撮った私の両親の写真をみつけた。 S48年8月16日という日付が入っている。 この頃なら私が仙台の大学にいた頃だから両親が佐渡観光をしたことなど今まで知る由もない。 勿来から佐渡までどうやって行ったのだろう。 右端にバスガイドらし人がいるからどこかのバスツアーだったんだろうな。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀伊長島でアワビ採り

前回のブログに紀伊長島のことが出たついでに思い出したことがあるので記録しておく。 もう30年ほど前の夏のことだ。 当時伊勢に単身赴任していたころ会社の友人N氏に誘われて紀伊長島に行ったことがある。 紀伊長島の磯でアワビ採りをしようというのだ。 でも素人のアワビ採りは難しい。免許がいるし技術もいる。 N氏の友人宅がアワビ採り…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

世界遺産ツヅラト峠とデジカメ

先日のブログ「前科4犯の議員また逮捕」の議員の住所が熊野古道のツヅラト峠を通る道の脇だったことを書きました。 それでツヅラト峠を歩いた時のことを思い出しながら書いてみようと思いました。 ツヅラト峠は世界遺産熊野古道の中にある峠で海抜は357m。 伊勢国と紀伊国の国境だった峠で紀北町側に約300mにわたって石畳道が残る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あつみ山や吹浦かけて夕すずみ』松の成長

先日「壱岐市~奥の細道」というブログを書いた。 ここで奥の細道のことを思い巡らしていたら、取り上げてみたい俳句に思い当たった。 それが首記の句である。 この句は芭蕉の奥の細道の鶴岡・酒田の段に出てくるが、酒田で小舟を浮かべて夕涼みの時の立句である。 意味としては「あつみ山(温海山:名前からして暑い山)と涼しい風を思わせる吹浦の眺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

18年前の今日

私が単身赴任で伊勢に住んでいた頃、休日ともなれば三重県内を走り回っていました。 最初はロードレーサー(自転車)だったが、行動範囲が広くなるにつれて原付バイクにシフトしました。 原付の最初はスズキ・バーディでしたがガソリンタンクが小さく燃費も良くなかったので、遠出をするといつもガス欠を心配しなければなりませんでした。(タンク4.4リッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イザベラバードの通った道・車峠

イザベラバードの日本奥地紀行のなかで私が一番身近に共有できる場所は車峠である。 この車峠をイザベラバードが通ったのが1878年(明治11年)6月30日から7月1日である。 そこを私は1969年5月3日にサイクリングで通った。 イザベラバードから約91年後のことである。 車峠は国道49号(越後街道)の福島県と新潟県の県境に近い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漫画図書館「青虫」

昨日友人と電車に乗っていた時のことである。 私が只見線のことを話題にしたら友人が只見なら3・40年前に全国から本を提供してもらって図書館を開いたようなことを言っていた。 私には初耳だったので帰宅してから調べてみた。 どうもどんぴしゃりの話がヒットしない。 出てきた一つは、「たもかく」という本屋さん。 『読んでしまっても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湧水ナンバーワン柿田川湧水

私は湧水めぐりが好きで今までにも湧水に関するブログは結構アップしている。 例えばこれ「北海道旅行・ふきだし公園は見事だった」 私が湧水に凝りだしたのは三島市にある柿田川湧水を見たからである。 もう20年くらい前のことだが伊勢に単身赴任しているころネットで見て東京に帰省する時に寄ってみた。 新幹線の三島駅で降りて地図を頼り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35年ぶりの飯能河原

妻が買い物で外出するという。 私にも家にいないで外に出て運動するように言うので出かけることにした。 久しぶりに飯能河原に行ってみることにした。 飯能河原には、むかし子供の行事で何度か行ったことがあるし、学生時代の友人と恩師とで河原で芋煮会をやったこともある。 もうかれこれ35年は経つだろうか。 あの頃のことが無性に懐かしく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国束山

昨日のブログ「伊勢時代の山行・旅記録」に載せた本の表紙の山は何だろう? 本のどこを探しても説明が載っていません。 でも私はここに写った橋をひと目見て、見たことある橋だなーと思いました。 9年間伊勢に住んでいたからピンと来たのです。 それを確かめるべくこの風景が見られるであろう道路のストリートビューを見てみました。 おお!同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊野古道の伊勢路探訪

昨日の『海難1890』について串本付近をいろいろ調べていたら熊野古道が引っかかってきました。 おー懐かしいね・・・。昔歩いたからね。 私が伊勢に単身赴任していた1995~2000年のことである。 こりゃ思い出したついでに当時のことを書いておこう。 でもこれから取り上げる伊勢路は残念ながら世界遺産登録対象から外れている。 素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しき嶋の大和心を人問はば

ボウズPさんの「しきしま会」はよく御存じでしょう。 しきしまと言ったら次の歌が有名ですね。 本居宣長  「しき嶋のやまとごゝろを人とはゞ朝日にゝほふ山ざくら花」  ( しきしまの やまとごころを ひととはば あさひににほふ やまざくらばな) ところで「しきしま」ってなんだろう。知ってました? 「敷島の」が「大和に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4年目の3.11

本日は特別な日 4年前のこの日、私は九死に一生を得るような体験をしました。 そして間もなくそれが遠因で3月19日に母を亡くしました。 詳しくは次の記事を参照してください。 ・地震体験 ・原発避難 ・原発事故の実情 ・避難後の母看病 ・ブログ更新停止 ・いや~忙し ・地震映像 こんな特別な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本名・津川林道線

私の昭和史-1で本名ダムについて触れた。 こんなくだりである。 祖母に連れられて本名ダムの上流の「湯倉温泉」というところ行ったことがある。当然のことながら歩きである。 只見川の左岸を祖母に手をとられ日帰りで2度ほど行った。 ドラム缶の野天風呂だったと記憶する。 距離は1里はあろうか。すごく遠い世界に思えた。 本日ネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人気日本一の国民宿舎「鵜の岬」

日本で一番人気の高い宿は国民宿舎「鵜の岬」である。 茨城県日立市十王町伊師にある。 ちなみに2009年年)度の年間宿泊利用率は93.5%で、1989年以来、連続して日本一宿泊利用率が高いそうだ。 今回近くを車で通ったので動画に撮ってみました。 私は1985年ころ家族で泊ったことがあるが、この当時から予約がなかなか取れない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の昭和史-11

私の昭和史-10は昨年の8月に書いたきりずっとさぼっていました。 学生から社会人になるところで足踏みしたのです。 社会人以降のことを書くと自分の正体がばれる恐れがあるので躊躇していたというのが、正直なところです。 でもやはり自分の人生記録なんだから書き遺さないわけにはいきません。 修士課程も終わっていよいよ卒業・就職とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めてリクエストでかかった曲

私が中学生のころ伯父から高価なトランジスターラジオをもらった。 それを契機に「ワシントン広場の夜は更けて」辺りからポピュラー音楽にのめり込み「9500万人のポピュラーリクエスト」なる番組は毎週かかさず聞いていた。 調べて見たら「9500万人のポピュラーリクエスト」は1963年4月から始まっている。 順位表も載っている。これはすごい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピースとハイライト

サザン の「ピースとハイライト」が今ヒットしていると言う。 サザンはどうでもいいのだが、煙草の「ハイライト」は懐かしいのでちょっと取り上げてみる。 私が煙草を覚えたのは大学受験を控えた高校3年の時である。 その時はショートホープだったが高校生だから隠れて吸っていました。 大学受験が終わって米沢の親戚を訪れた時、そこの旅館で隠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の昭和史-10

まだ学生時代が続きます。 何たって人生の中で一番華やかだった時ですし昭和もまだ続いていましたから。 前回は12000円のブルーバードで12000Kmも乗り回した旅行のことを話しました。 その車を車検切れで廃車にし、代わりにサニーバンを手に入れました。 やはり共同購入です。4万円くらいだったろうか。 でもこの車では尾瀬に行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の昭和史-9

前回に続き大学時代の思い出です。 入学したての時にキャンパスのクラブ案内をみて私は「ギター愛好会」に入りました。 高校時代にちょっとばかりギターをかじっていたからです。 この時初めてクラシックギターを習いました。 先輩のうまさに感激して結構のめり込みました。 その時の学内の発表会の写真です。 そう言えば今思い出したのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国鉄民営化 謝恩フリーきっぷ

自分の持ち物を整理していたらこんな使用済み切符が出てきた。 これを見ると昭和62年3月21日に長野駅で購入している。 26年前に長野駅で購入? 子供用の切符も一緒に合わせて2枚あるが完全に記憶の彼方である。 でも使用済みということは3月31日にどこかに出かけたことは確かである。 この謝恩フリーきっぷのことを調べて見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の昭和史-8

私の昭和史は大学入試合格のところまで行って2年近く中断していました。 その過去記事です。 その1:http://katintokei.at.webry.info/201108/article_35.html その2:http://katintokei.at.webry.info/201108/article_36.html その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビワの葉療法の実践

私がビワの葉療法を知ったのは30数年前である。 だからそれで助かったのは2度や3度じゃない。 一番劇的に効果が現れるのは火傷のときのビワの葉療法である。 私が単身赴任の時、湯沸しポットの熱湯を左足首にかけて大やけどをしてしまったことがある。 熱湯をカップに注ごうとポットを傾けたとき蓋がパカーッと開いたからたまらない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本一のモグラ駅の思い出

私は30代のころ谷川岳と白毛門に登ったことがある。 谷川岳は友人の車で「土合」まで行ってロープウエイで「天神平」まで行ったから、割と簡単に登頂できた。 でも下山は西黒尾根で標高差1000mくらいのゴールを一望した時は「ウエッ!」となった。。 案の定、途中から膝に来て「もう下るのいや!」だったが、連れの友人がいたから平気を装ってなん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台大崎八幡神社

私が学生の頃仙台の八幡町に住んでいたが、八幡様のドント祭と言ったら一大行事ですごい人出だった。 次の日の早朝に行くと道端によくお金が落ちている、ということを信じて行ったこともある。 なかったけどね。 これは2011年12月のブログに書いた一節である。 本日仙台で時間があったのでまたループルバスに乗って市内l観光をした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40年昔の写真を追跡する

昨年9月につぶやきの思い出 卒論の噴火湾研究というブログを書いた。 40年も前に卒論の研究で北海道の噴火湾を巡り歩いた話だった。 でも具体的にどこを歩いたか全然覚えていない。 この時撮った写真がどこかに残っているはずだが、その時は探し切れなかった。 今回古い写真を整理していたらその写真が出て来た。 ああここだここだと思い当…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more