テーマ:探訪記

ブログ編集がガラリと変わった

数日前から7月2日に今のブログの大規模なメンテナンスがると予告があった。 それで本日は朝からブログ更新はまったくできない状態だった。 そして今メンテが終わってみたらブログ作成画面がガラリと変わっていた。 今までのブログ記事の表示もガラリ変わっている。 8年間慣れ親しんできたブログをここまで変えるんだから、よっぽど変えるメリットが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隅田川の河川敷にある謎の建造物

散歩で王子神谷から隅田川を新田橋で渡り、川沿いに宮城ゆうゆう公園まで歩いていたら、意味不明な謎の建造物が二つもあった。 いくら頭をひねってもこの建造物の存在理由が思いつかないのだ。 まず一つ目。 水門のようにも見えるがそんな設備は一切ない。 梯子をかけなければ上には登れない。 2段ばかりの階段と手すりがあるから人が利用する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の散歩:堀切菖蒲園

本日は43年前に住んでいたアパートの痕跡を探しに綾瀬駅に出かけた。 社会人になって初めて住んだのは横浜の大倉山だったが、妻が共稼ぎで子供ができるというので通勤に近い綾瀬に引っ越しをしたのが大倉山から一年後である でもそこには一年も住まなかった。 綾瀬から都心に向かう電車(千代田線)のラッシュがすさまじく、とても乳呑児をかかえて通勤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山田耕筰の墓を訪ねる

昨日西多磨霊園に山田耕筰の墓を訪ねてきました。 ちょっと最寄りの駅からは辺鄙なところにありますが、逆に私の散歩にはうってつけ。 バスもあるのですが私は秋川駅から歩いて西多磨霊園に向かいました。 秋川の駅で食料を調達しぶらぶら歩きながらちびちびと酒を飲む。 これがまたたまらないのであります。 霊園に着いたら広大な敷地に圧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大倉山を散策

大倉山は私が社会人になって初めて住んだところである。 このことは以前書いた。 https://katintokei.at.webry.info/201412/article_23.html 本日はその大倉山の再訪と近隣を訪ねた記録である。 なんてたって45年前の記憶はもう永遠の彼方になりつつあるから今見ておかないと一生悔いが残る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログを4日も休みました

19日から22日までブログを4日も休みました。 私にしちゃ異例の出来事ですが体が悪いのじゃありません。 21,22日とかけて福島・山形の桜を妻と見に行ってきたのです。 春を追いかけて旅の記録写真をちょっとだけ紹介します。 三春の滝桜 二本松の霞が城 福島の花見山 釜の越農村公園  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富岡八幡宮でみつけた几号水準点

先日木場公園の桜を見に行ったとき、富岡八幡宮を通りかかってふと目に入った几号水準点である。 えーこんな所にあったのか。 以前に探索した時には見つけられなかった。 もともと鳥居を立て直すとき解体のため切断して横に並べてあるという情報を頼りに訪れたのであるがその時はみつけられなかった。 http://tenbou.travel.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グーグルよ中国から金もらってんのか?

本日散歩で錦糸町から浅草まで歩いた。 途中で綺麗な公園があったのでそこをもっぱら歩いた。 東京スカイツリーが間近に見え桜も咲き始めてなかなか素敵だった。 でもこの景色は初めてじゃない。前にも見ている。 はてこの公園は何という名前だったっけなー。 こういう時はグーグルマップだ。 最寄りの地図を呼び出して名称を見つけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳原愛子の墓

大正天皇の生母で白蓮さんの叔母である柳原愛子の墓が祐天寺にあるというので、先日小和田屋敷を訪ねた足で祐天寺まで行ってきました。 40年以上前になるが、東京の会社勤めで大倉山に住んでいたころ毎日通勤で祐天寺駅は通過していたのですが、下車したことはありませんでした。 だから祐天寺を訪れたことは今までありません。 さすが駅名になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小和田 恆の屋敷

友人よりこんなメールが届いた。 もう一つ (BB) 2019-03-01 03:52:46 コンクリート御殿に夫妻がこの一ヶ月間以上もいないことは、確かな情報で得ています。はて、どこにどうしておわすやら。なんでもありぃなんです、本当に・・・・。 この凄まじい状態は後の歴史が明らかにするでしょう。 こわいのは、あちらでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨッキれん・「いわき」に上陸

あの「山いが」で有名なヨッキれんこと平沼義之氏がとうとう「いわき」にまで足を伸ばしました。 このところご無沙汰していましたが先日「山いが」を覗いてみたら、なんとわが郷里の近くまでお出かけになっていたのです。 それがこの記事です。 隧道レポート 竜宮岬のトロッコトンネル  小浜(おばま)漁港と岩間(いわま)海岸の岩壁(竜宮岬)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川幅日本一にあやかって

私の好きな「山いが」を見ていたら鴻巣近くの記事が出ていた。 鴻巣なら近いから散歩のネタになるかなと読んでみた。 https://yamaiga.com/mini/240/main.html そうしたらその記事の中に聞き捨てならぬことが書いてあった。 「私もこの探索をするまで知らなかったが、この辺りの荒川は「川幅日本一」である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の散歩で見たポスター

どこかなー? このポスターを見たのは? 本日は山手線に沿って巣鴨から秋葉原まで歩いた。 どこで見たのかもうさっぱり覚えちゃいない。 ただ書いてあったことが尋常でないから思わず写真を撮ったのである。 私の脳内変換でこんなことが書いてあった。 そしてもうちょっと行ったら売国奴の面々がズラリ。 おおよく並べたもんだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワープステイション江戸に行ってきた

妻が前の金曜日に「ここに行ってみたい」とこんな新聞記事をみせてくれた。 なに?「いだてん」ならこの前ブログに書いたばかりじゃないか。 https://katintokei.at.webry.info/201902/article_9.html https://katintokei.at.webry.info/201902/ar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」金栗四三・スタンプラリー

昨日みつけたスタンプラリーに早速行ってきました。 このラリーのポイント7箇所に金栗足袋を作っていた「ハリマヤ」の創業地を加えました。 我が家から出発して次のような順番で廻りました。 ①占春園 ②ハリマヤ ③播磨坂 ④伝通院 ⑤講道館 ⑥文京歴史館 ⑦湯島天神 ⑧湯島聖堂 最後は秋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いだてん」金栗四三

昨日から本日にかけて文京区を一周歩いて来ました。 もう40年も前になろうか、区境を自転車で忠実に辿ったことがあります。 それ以来区境を意識して歩いたことは何度かあるのですが、いっぺんに歩きとおしたのは今回が初めてです。 ところで一周するとどのくらい距離があるのだろう。 地図で計測してみたら約19Kmと出ました。 どうしても通れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この車はなんだ?

本日散歩をしていたら見かけぬ車が作業をしていた。 一体この車は何をしているのだ? 場所は北区の隅田川に架かる新田橋である。 見たことのない珍しい車だったから作業員に尋ねました。 すると答えは橋の下を点検する車だといいます。 へー、橋の下ねー。 帰宅後調べたら橋梁点検車といい、高架道路や橋の下などの調査点検作業をす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栃木県の几号水準点巡り

今回は栃木県の几号水準点巡りです。 実はずいぶん前に栃木県に入り野木神社を訪ねています。 https://katintokei.at.webry.info/201502/article_47.html ここから先はいつでも行けると思っていたがついつい忘れていました。 先日茨城県の几号水準点を訪ねたのをきっかけに栃木県をこれから攻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々の几号水準点めぐり

私の趣味の一つ、几号水準点めぐりであるが、東京から日帰り圏はすべて訪れたと思っていた。 ところがやはり人間は間違いを起こすもので茨城県に唯一あるという古河市中田町の几号水準点を見落としていた。 それに気付いたのが昨夜。 それで居ても立ってもいられず本日出かけました。 その古河市中田町の情報がこれ。 http://tenbou.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一年の計は元旦にあり

と、よく言いますので私は本日殊勝にも七福神巡りをしてきました。 特に信仰心があるのではありません。 一日一万歩を目標にしているのでこれはよい歩く目標になると思ったからです。 自宅から田端まで歩いた時に谷中七福神巡りのイヴェントに出会ったのです。 当初は秋葉原に行って電気街で初売りを見て歩こうかと思ったのですが、これは面白そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白蓮・生誕~学齢期

さて6000話記念として、今日は柳原白 ふらふら(やな ぎわらびゃくれん) の話です。  (まずもってお断りしておきますが、全て敬称は省かせていただきます) 柳原白蓮は1885年(明治18年)10月15日 柳原前光(やなぎわらさきみつ)伯爵の次女として誕生しました。 前光の妹が柳原愛子(なるこ)で大正天皇の生母です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白蓮さんに会ってきました

いきなり嘘です。 会えるわけがありません。 正確には「白蓮さんのお墓を訪れてきました」です。 場所は石老山の麓にある顕鏡寺です。 https://4travel.jp/travelogue/11147221 最寄りの駅は中央線の相模湖駅。 グーグルマップではここから石老山入り口までバスで10分行きそこから歩いて30分くら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラストラップのからくり

舎人公園で見つけたカラストラップは大変ユニークな罠でした。 最初見た時、鳥小屋でカラスを飼ってるの?と思いました。 小屋の中には5羽のカラスがいました。 近づいてよく見たらこんな張り紙がしてありました。 なになに? これはカラスを捕まえる罠で、対象となるカラスが5000羽で、捕まえた後は殺処分ですか。 ちょっと残酷な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラストラップ

昨日白蓮さんの歌碑をたずねて竹ノ塚まで行きました。 東岳寺というところに歌碑があることを知ったからです。 これが白蓮さんの歌碑です。なぜここに歌碑があるのかお寺の人に聞こうとおもったのですが、あいにく誰もいないようでした。 達筆すぎて私には読めません。 本から得た情報によると白蓮さんの筆でこう書いてあるそうです。 「め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒川土手のサンクチュアリ

前回の続きです。 花火大会の観客席は測ってみると24段で1100mもの長さがあります。 グランドもあるから観客の収容人数はものすごいと思われます。 一体どれだけの観客が入るのだろう。 いろいろ調べたら十数万人が収容でき、出るゴミが16トンというからすさまじい。 さてこの大階段の川側にお目当ての荒川生物生態園(サンクチュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

階段状の荒川土手

本日散歩で荒川土手を歩いた。 「荒川生物生態園」という荒川に突き出た島のようなものを地図でみつけて興味を引いたので行ってみたのだ。 場所は戸田端の約500m上流で緑矢印で示した所にある。 都営三田線の西台駅から荒川に向けて歩いた。 荒川の前に新河岸川を渡ったが端の名前が「ふなどおおはし」と言ってなんと二階建ての橋であった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

棚倉城の紅葉

昨日訪れた棚倉城の紅葉は見事だった。 最初から紅葉の情報はつかんでいなかったので驚いた。 お堀の周りにこんなにたくさんの紅葉があるとは思っても見なかった。 いやーこれはお勧めの紅葉スポットだ。 来年も来たくなるわ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「白骨の章」

いきなりこんなタイトルを目にすればびっくりするでしょう。 これは浄土真宗の葬儀でよく読まれる、蓮如上人の「白骨の章」(白骨の御文)です。 https://shinrankai.jp/article/155 私の妻の父、姉、母の葬儀の時に聞かされた念仏みたいなものです。 葬儀で毎回聞かされたので「ああ、又か」と思って聞いて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

中井精也のゆる鉄画廊

本日車検で車を駒込のディーラーに預けた帰りに駒込から三ノ輪まで歩いた。 たまたま「アド街ック天国」の三ノ輪編をこの前見たからである。 三ノ輪に着いてジョイフル三ノ輪をぶらぶら歩いていたら鉄道写真家 中井精也の「ゆる鉄画廊」があった。 「中井精也」については最近知った。 NHKのBSプレミアムで「中井精也のてつたび」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝通院の野良猫は・・

昨日のことです。 於大の方や千姫のお墓のある伝通院を訪ねました。 今まで二度ほど訪れていますが、今回はジュゼッペ・キアラというキリシタンの供養碑を探し当てようと出かけました。 というのもグーグルマップでみると伝通院で名所旧跡の三点マークが載っているのは唯一これだけ。 ジュゼッペ・キアラの供養碑だけなのです。 徳川家康の母である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more