テーマ:NHK

NHKは中国の放送局か

2019年1月15日開始! 日本の情報を中国語で配信! 中国語サービス「NHK華語視界」【会見動画】 http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/preview.html?i=17179 NHKの国際放送「NHKワールド JAPAN」では、2019年1月15日(火)より、新たな中国語サービス「NHK華語視…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKのフェイクニュース

いつも愛読している次のブログの記事に今年のNHKのフェイクニュースのまとめが出ていたので引用させてもらいました。 これをみればNHKのひどさがよくわかります。 もう報道機関とは言えませんね。 洗脳機関がふさわしい。 http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7324.html 最近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK集金人逃げ出す

先日中曽ちづ子さんが議員当選しましたね。 遅ればせながらおめでとうございます。 NHKの集金人も議員さんには勝てないようですよ。 さっそくこんなことがあったと中曽さんがブログに書いています。 男性「今、目の前に(NHKの)訪問員がいて、解約できないと言っているがどうしたらいいですか」 中曽「電話かわってください…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKの非国民ぶり

なにやらまたNHKの非国民ぶりのツイートを見かけました。 https://twitter.com/Japangard/status/1039527886204465153 坂東 忠信@Japangard 9月11日リツイートしました いやいやいや(^_^;) 情報漏えいの心配以前の大問題でしょ。 NHKは何を根拠に個人の住民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK、被災世帯の受信料を免除 7、8月分

NHKが西日本豪雨で被災した世帯の7、8月分の放送受信料を免除すると発表したのは一週間ぐらい前だったか。 https://www.sankei.com/affairs/news/180710/afr1807100003-n1.html この時は「ああそう・・」と聞き流したが、考えてみたらたった2か月間で9月になったら被災者から徴収を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソニーNHKが映らないテレビを発売

ソニーは業務用 (法人向け)Android 4Kテレビ「BZ35F/BZシリーズ」を7月下旬から発売します。 今年3月に発表されるやいなや話題となった、通称「NHKが映らないテレビ」。この製品、チューナーは無いので通常のテレビ放送は映りません。ただ、PCモニタやディスプレイと異なりAndroid が載っているために、Tverなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラーメンまで捏造するNHK

NHKがまたやってくれました。 捏造がよっぽど好きなんでしょう。 それも日本を辱めるため。 ▼NHKの悪質な嘘▼ 大正時代に「支那そば」という差別用語を使う日本人の客が多く、札幌にある「竹家食堂」の女将さん大久タツは、北海道大学に通う中国人留学生に配慮して「ラーメン」という名称を考案した。 ▼事実▼ 大正時代に「チャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(超拡散) 「NHKには有り余る1兆円を超える資産がある」

友人より回ってきた動画を紹介します。 これをみるとまあひどいもんだ。 NHKは貪欲に貯めもむことしか考えていない。 貯め込みすぎをカモフラージュするため新社屋をつくるのか。 余ってるお金は国民に返せ!! NHKは日本人の武士道精神のかけらもないね。 あっそうか中韓勢力に乗っ取られているんだっけ。 これを問題にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立花孝志氏/「NHK集金人を撮影して投稿すれば30万円」

おーいみんな! 賞金ゲットのチャンスだよー。 東京都葛飾区議会議員であり、元NHK職員の立花孝志氏が「NHK集金人を撮影して投稿すれば30万円もらえるコンテスト」を開始した。 コンテストへの参加は非常に簡単。NHK集金人が訪問してきたら、スマホやカメラで彼らを撮影し、立花孝志氏に送信するだけ。NHK集金人やNHK本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKの空耳アワー

いやー驚いた。 下段の映像は1000円で買ったビデオカメラで撮った映像なのだ。 1000円といっても中古でじゃないよ。新品で秋葉王で買ったものだ。 小型ビデオカメラSZ-MD-80というしろものである。 使ってみたらなぜか映像と音声がずれていて飛ぶし、720Pはちと疑問だが。 だがなんせ1000円だからね。 1000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK受信契約最高裁判決 判決文ではNHK敗訴しています

先ほど予告のあった立花孝志さんのyoutube動画です。 これをみると、NHKは敗訴のようですよ。 裁判をしないといやがる相手を契約させることはできないと立花さんは言っています。 すなわちNHKと受信契約を結ばない相手を契約させるには裁判が必要である。 これは画期的な裁判だといいます。 だから未契約のあなたはNHKが来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高裁、NHK受信契約訴訟で「合憲」と判断

NHKの受信料制度が憲法に違反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷は合憲と初判断しました。 今回の裁判は2006年にテレビを設置した後、「偏った放送内容に不満がある」と受信契約を拒んでいた東京都内の60代男性を相手取り、NHKが契約締結や未払い分の支払いを求めて11年に提訴。NHKはこれまで未契約者に対する同種訴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またやったNHKの偏向番組

友人から転送されてきたメールを掲載します。 昨夜のNHKの下記番組はひどかったですね、 「学び舎」の反日ぶりについては触れず、抗議のはがきだけがクローズアップ されています。 https://youtu.be/pmlh0aG9YdM 以下このNHKの偏向ぶりに対する意見メールです。」 NHK「クローズアップ現代」(今夜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK怒涛の反日スペシャル

NHKは今年も終戦の日にかけてこれでもかこれでもかと「捏造自虐史観番組」を放送しました。 これだけしつこく放映するのは洗脳薬が切れかかっているから? もう覚醒した日本人には通用しないのだよ。 だから悪あがきをしているとしか思えない。 いずれNHKの実態は白日の下に晒され反日分子は粛清されるだろう。 よくも4夜連続で日本を悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK731部隊の真実はフィクション

昨夜のNHKの731部隊の真実を見ましたか。 想像通り悪魔の飽食でした。 ■動画 NHKスペシャル「731部隊の真実~エリート軍人と人体実験~」20170813 https://www.youtube.com/watch?v=DrVzpFK8_dg そのうち反論がどこからか聞こえてくるだろと思っていたらさっそく出て来まし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK犬あっち行け

<NHK>ネット受信料新設 検討委素案、TVなし世帯対象 2019年にNHKの番組のネット同時配信が実現した場合の受信料の在り方を検討している「NHK受信料制度等検討委員会」(座長=安藤英義・専修大大学院教授)は26日、現行の地上放送、衛星放送の受信料制度を維持したうえで、テレビを持たずネット同時配信のみを利用する世帯については別の契…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKの教材に破壊された鳥居映像

あなたはこの映像を見てどう思いますか? 遥か彼方にバベルの塔みたいなものが見えて、そこに向かっているだろう道には鳥居があったのだろう。 その鳥居はなにか邪悪な力によって破壊されている。 私なら気味悪くてこの道には向かいたくない。 これがNHKのDVD教材だそうですよ。 NHK厚生文化事業団のDVD教材『ひきこもりからの回復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKが報じなかった森友学園の保護者の声。

NHKが報じなかった森友学園の保護者の声。理由は「公平性を保つため」。しかし原発や沖縄基地では反対派の声ばかりを報じてきたNHK。と言うブログを見るといかに今のマスゴミが腐っているかわかります。連日どこもかしこも森友叩きに明け暮れています。 たかが一民間のことなのに、マスゴミはよほど愛国神道が嫌いなのでしょう。 寄ってたかって森…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKのアパホテル虚偽報道

本日は昨年暮れに生まれた孫のお宮参りで昼からお神酒を飲んだらひと寝入りしてしまいました。 実は昨夜会津から出てきた友人と一杯やって今朝早くから動き回ったから疲れがどっと出たのです。 夕飯後にメールをチェックしたら・・・やってくれましたねNHK NHK報道 「冬のアジア大会の組織委員会は、アパホテルが選手団の宿泊先になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK、2019年からネットにも課金

NHKは13日、総務省が開いた放送の課題を議論する有識者検討会で、2019年から総合テレビとEテレの放送をインターネットで常時同時配信する方針を明らかにした。 条件付きでネット視聴者に課金する考えも示した。 NHKの同時配信には放送法の改正が必要となり、総務省が検討を進める。  NHKによると、20年の東京五輪へ向け、19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK死ね!死ね!死ね!死ね!

日本語の”死ね”は正しく使いましょう。 決して”日本死ね”などと使ってはいけません。 言ったら自分も含め愛する家族・友人も死ねということですから。 NHK死ね!は大いに使っても構いません。 いやむしろ"死ね”はNHKのためにあるのです。 まあこの有様を見てください。 恐ろしいことにNHKはトンスラーに支配されています…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

10月8日一日一電

【電凸】NHK 一日一電…新聞報道は全て嘘なのか?Take1 (立教大・名誉教授・山田昭次) 「新聞の報道の影響もありますよね。新聞がやたらね『朝鮮人、市内各部所に出没して、陰謀を謀る不逞鮮人』なんて、興味本位で朝鮮人ていうのは恐ろしい連中だって報道しばしばやってんですよ。 それが一つと、それから警察の取り締まりが、朝鮮人に対する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月7日一日一電

【電凸】一日一電…なぜ後藤新平を番組に登場させなかったのか? 元映像 (ナレーション)16:55 9月2日午後、政府は人々の混乱を収めるために、ある決断をしました。『戒厳令』を適用したのです。警察が機能を失った中、軍隊が東京の治安維持に乗り出しました。 当時、内務大臣だった水野錬太郎、戒厳令の適用に踏み切った震災翌日の閣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月6日一日一電/尼港事件

【電凸】NHK 一日一電…尼港事件を知ってるかい? 勉強も仕事もヤル気はないけど、他人よりも反骨心だけはある。 一日一電も飽きて来たからそろそろ止めようかなと思っていたけど、あることをきっかけに、まだ続ける気になってしまった。 尼港事件は、正直知らなかったんだけど、ある人に教えてもらった。 知ってしまった以上は、電凸にも使う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月5日一日一電

【電凸】NHK 一日一電…放送法第4条は守りましょう! 放送法 第四条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。 一  公安及び善良な風俗を害しないこと。 二  政治的に公平であること。 三  報道は事実をまげないですること。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月4日 一日一電

【電凸】NHK 一日一電…立教大の名誉教授は勘違いしてませんか? 23分頃、「当時日本が朝鮮人をどのように見ていたのか、歴史学者の山田昭次さんは長年、研究してきました。」というナレーションに続き、立教大学の名誉教授の山田昭次さんは次のように話しています。 「三・一運動はそもそも非暴力運動として始まったんですよ。ところが日本が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月3日一日二電

【電凸】NHK 一日一電…東大教授って分類もできないの? (ナレーション) 震災の前の年、東京には少なくとも5000人程の朝鮮人が暮らしていました。多くは朝鮮半島からの出稼ぎ労働者、その朝鮮人に悲劇が起きたのです。2009年、国の中央防災会議が関東大震災に関する報告書を出しました。震災の教訓を様々な観点からまとめたものです。 その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月2日一日一電

【電凸】NHK 一日一電…大失敗 本日は時間外のNHK電話案内が聞けます。 電凸主が帰宅してちょっと横になったら爆睡してしまい、気がついて電話したときは時間外になっていました。 明日は埋め合わせに一日二電すると言っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月1日一日一電

【電凸】NHK_ 一日一電…朝鮮を植民地扱いしただと? 人物については一通り抗議したので、今度はナレーションについて気になったことを電凸します。 番組の22分辺りで次のようなナレーションが入ります。 「なぜ人々が流言を信じ朝鮮人を殺害してしまったのでしょうか。その背景には朝鮮半島に進出した日本の歩みが影を落としていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more