国費は恨日外国人にではなく日本人に使え

まさしくその通り。
だれがこんな制度を最初に作ったのか。
恐らくコテコテの自虐史観もちの官僚と政治家なんだろうね。


http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7462.html
小野田紀美「昭和29年から続けてる国費外国人留学生制度は国家間の友好親善に寄与してるか疑問が残る。受入れが多い中国・韓国の日本への好感度は30%前後だが、他の国は70%超え。使ったお金の効果を検証し、効果がないならやり方を変えるべき」
画像



そもそも「国家間の友好親善」のために、日本の大学に来る外国人留学生に多額の日本国民の血税を投入するという発想がおかしい!

こんな理由で国費外国人留学生に対して1人当たり年間100万円~300万円の公金(返済不要)を投入している国は、日本だけだ!

しかも、今なお、支那や韓国の日本に対する好感度調査をすれば、20%~30%しか日本に好意を感じていない。

さらに問題なのは、「国家間の友好親善」を謳いながら、外国に留学する日本人学生に対しては1人当たり年間数十万円(返済義務あり)しか援助していないことだ!

もう1日も早くこんな馬鹿な国費留学生制度を廃止するべきだ!





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック