ヨッキれん・「いわき」に上陸

あの「山いが」で有名なヨッキれんこと平沼義之氏がとうとう「いわき」にまで足を伸ばしました。

このところご無沙汰していましたが先日「山いが」を覗いてみたら、なんとわが郷里の近くまでお出かけになっていたのです。
それがこの記事です。
隧道レポート 竜宮岬のトロッコトンネル 
小浜(おばま)漁港と岩間(いわま)海岸の岩壁(竜宮岬)を貫く隧道があるというのである。

私的にはよーく知った場所で、あの3.11の東日本大震災の時には小浜にいたのです。
https://katintokei.at.webry.info/201103/article_13.html
そんなところに300mにも及ぶトンネルがあったなんて驚き桃の木山椒の木です。

いきなり「山いが」核心の写真をお見せします。
画像

これが小浜側から見たトンネルの入り口です。
岸壁が崩落していて入り口を隠していますが岩間側のトンネル出口までは崩壊もなく行けるのでした。
とにかく前編、中編、後編まで5話のレポートを夢中で読んでしまいました。

ああこれは是非見に行かなくては。

とちょうどその時田舎の友人のお袋がなくなったと知りました。
友人のお袋をダシにしちゃいけないが、これは行けという神の采配に違いない。
というわけで行ってきましたよ。
このトンネルだけじゃないけどね。
田舎の友人達と顔を合わせる又とないチャンスでもあるから。

通夜にお邪魔して翌日の告別式はパスさせてもらい、このトンネルを見に行きました。
ヨッキれんのレポートを読んだ限りではトンネル入り口は拝めそうだと思っていました。
ところが前日の通夜で鮭を飲みすぎて少しフラフラするし、もともと病気で足が不自由しているので入り口に辿り着くことはできませんでした。
無理すれば行けたかもしれませんが、身の危険を感じ尻込みしてしまいました。
だからここまでの写真しか撮れませんでした。
画像

でもここまできたついでに周りの景色を紹介しておきます。
漁港に浮かぶ小船
画像

竜宮岬全景
画像

漁港にはちいさな公園があり津波にも耐えた。
画像

岩間側のトンネルは見えました。(赤矢印)
でもいくつも洞窟があり事前情報がないと「これだ」とわかりませんね。
画像
画像


ヨッキれんがいわきに来たからにはそのうち福島県の廃道や廃線を取り上げてくれるのかな。
期待して待つことにしよう。非常に楽しみである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック