朝日新聞は「拉致」を「密出国」と報じていた。

えー本当?
「拉致」を「密出国」だって!!

土井たか子が「拉致は捏造」と言った話は有名だから知っていたが、「拉致」を「密出国」と朝日が言っていたとは知らなかった。

『メディアは死んでいた 検証 北朝鮮拉致報道』 拉致未解決は誰の責任か

「日本海の方で変なことが起きている」

小耳にはさんだつぶやきから阿部記者は動き始めた。本書は一人の社会部記者の事実を探り当てようとする、記者として最も本質的かつ真っ当な取材の記録である。

突然消えたアベックの事例を探しに行った新潟では見えない壁に阻まれた。

ついに阿部氏の取材が「産経新聞」の大スクープとなって報じられた1980年1月、すべての他社と専門家がこれを無視した。その中でただ一人反応したのが横田早紀江さんだった。

国民を守るという国家の最重要の責任を、わが国は果たせてこなかった。防げたはずの第二、第三の拉致も防げなかった。なぜか。政府とともに、「死んでいた」メディアに大きな責任がある。

とりわけ拉致を密出国と報じるなど、産経の対極を行った朝日新聞はひどく死んでいた。彼らは「モリカケ問題」で今も「死んでいる」と思う。
http://www.sankei.com/life/news/180610/lif1806100019-n2.html


朝日が当時そんなことを言ったのでしょうか。
私は勉強不足だからわからないが朝日がそんなことを言っても不思議じゃないことだけは確かだ。
とにかく朝日は国賊新聞だ。
日本のためにはならない朝鮮のための新聞だ。
だから正体は報です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 虎ノ門ニュース0611 青山繁晴

    Excerpt: 米朝首脳会談直前の6月11(月)に放送された青山繁晴氏の「虎ノ門ニュース」の動画をアップしておく。 Weblog: 風林火山 racked: 2018-06-12 02:48