2月14日はパレンバンデー

これバレンタインデーの間違いじゃありません。

大東亜戦争初期に日本が行った石油確保の大作戦です。
昭和17年2月14日、インドネシアのパレンバンの石油生産施設を、落下傘降下部隊によって、ほとんど無傷で確保するという大戦果をあげました。
この2月14日を記念してパレンバンデーといいます。

スマトラ島のパレンバンは蘭印最大かつ東南アジア有数の大油田地帯であり、ロイヤル・ダッチ・シェルが操業する製油所とともに太平洋戦争における日本軍の最重要攻略目標であった。
空挺攻撃によってこれを奇襲占領し、次いで地上部隊をもって確保する作戦が望ましいと考えられた。こうして第1挺進団(団長:久米精一大佐)が空挺降下し第38師団主力(歩兵第229連隊基幹、兵力 12,360名)が支援する陸軍初の空挺作戦が立案された。

2月14日、降下部隊第1悌団の挺進兵らは、挺進飛行戦隊の一〇〇式輸送機やロ式輸送機に搭乗しマレー半島を飛び立ち、直掩機の「加藤隼戦闘隊」こと飛行第64戦隊と飛行第59戦隊の一式戦闘機「隼」等と共にパレンバンに向かった。
11時30分、降下部隊はパレンバンの市街地北方10キロにある飛行場の東西両側に落下傘降下、同時に久米大佐を載せた団長機が湿地帯に強行着陸し、これは完全な奇襲作戦となった。


降下部隊は、携行した拳銃と手榴弾のみで戦闘せざるを得ない挺進兵も多かった。
市街地からは連合軍の装甲車部隊約500名が到着し激戦となったが、降下部隊は21時までに飛行場を確保した。

翌15日午後、第2悌団がパレンバン市街地南側の湿地に降下し、第1悌団と協力してパレンバン市街に突入、同市を占領した。
戦果としては石油25万トン、英米機若干とその他の兵器資材を鹵獲し、放火により油田設備の一部に火災が発生したものの大規模破壊は避けられた。死傷者は、降下人員329名中、戦死39名、戦傷入院37名、戦傷在隊11名であった。第38師団主力も14日にバンカ島に到着、15日に先遣隊がパレンバンに到着した。師団主力は18日にパレンバンに到着、周辺地域を確保し空挺作戦の目的を完全に達成した。

この戦闘に参加した落下傘部隊を賞して「空の神兵」といいます。
https://youtu.be/sZwRg-rNnzs


このパレンバンデー第2回記念講演会が開催されます。
日時:2月14日(水)17:30~19:30(開場 17:00)
場所:憲政記念館(千代田区永田町1-1-1   03-3581-1651)
参加料:2,000円
お問合せ:090-1037-8754(奥本)    Email k.okumoto.0715@nifty.com
☆事前予約をお願いします
第一部[基調講演]
  高山正之「パレンバン奇襲部隊が果たした役割」
第二部[パネル討論会]
  テーマ「石油なくして国防なし」
  パネラー  頭山興助(呉竹会会長)
          西村真悟(元衆議院議員)
          藤井厳喜(国際政治学者)
          奥本康大(「空の神兵」顕彰会会長)
主催:「空の神兵」顕彰会 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック