BPOは左翼だらけ

放送倫理番組向上機構BPOは左翼だらけらしい。

TOKYOMXニュース女子においてBPOは基地建設反対派が救急車を止めた事実はないとして、「抗議活動側の人が救急車に停止してもらい、誰を搬送しているのかを確認したことがあった。停止したのは数十秒。この事実が『救急車を止めた』と誤解された可能性がある」との意見書を上げた。
https://www.bpo.gr.jp/wordpress/wp-content/themes/codex/pdf/kensyo/determination/2017/27/dec/0.pdf#page=14

その意見書の当該部分
2 基地建設反対派は救急車を止めたのか
基地建設反対派が救急車を止めたとのB氏の発言については、新聞社や他の放送局が国頭地区行政事務組合消防本部に取材したうえで、そのような事実はなかったと報道している。委員会も、念のため、同消防本部消防長に聴き取り調査を行った。
消防長の説明は、以下のとおりである。
① 2016年7月から12月までの間に、高江地区ヘリパッド建設現場付近からの通報は、20件あった。20件のいずれについても救急車の通行を妨害された事実はない。道が抗議活動やそれを規制する機動隊員等のため狭くなり、人を轢いてはいけないので徐行したことはある。
② 20件のうち防衛局職員、機動隊員を病院に搬送したケースが2件あったが、いずれも軽症。他の18件は抗議活動側が傷病者であった。
③ 抗議活動側が傷病者であった18件のうち1件について、傷病者を収容した救急車が徐行運転を開始して間もない高江橋で、抗議活動側の人が救急車に対して手を挙げて合図し、救急車に停止してもらい、誰を搬送しているのかを確認したことがあった。救急車が停止した時間は数十秒であった。この事実が「救急車を止めた」と誤解された可能性がある。



BPOは詭弁を弄するのはやめなさい。

道が抗議活動のため狭くなり救急車は徐行したんでしょう。
「救急車に停止してもらい」イコール「停止させた」でしょう。
現実に救急車を止めているじゃないか。
数十秒止めたことが命取りになることだって有り得るよね。

BPOは自分の都合の良いように解釈するんじゃないよ。

BPO放送倫理検証委員会 (ニュース女子の審査機関)

委員長 – 川端和治 .朝日新聞社コンプライアンス委員会委員
委員長代行 – 是枝裕和 ツイッター政治関連すべて左翼
委員長代行 – 升味佐江子 デモクラTV 新沖縄通信で沖縄タイムスと月1番組出演
委員 – 斎藤貴男 マスコミ9条の会
委員 – 渋谷秀樹 憲法学者
委員 – 鈴木嘉一 NHK籾井前会長を徹底批判
委員 – 藤田真文 ツイッターで左翼記事ばかりツイート
委員 – 岸本葉子 朝日新聞社コンプライアンス委員会委員


ご覧のようにBPOはパヨクの巣窟でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック