朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実

「慰安婦問題」が混迷の度を深める中、ハート出版は「朝鮮出身の帳場人が見た慰安婦の真実」を出版した。著者は崔吉城(チェキルソン)東亜大学教授・広島大学名誉教授。

崔教授は、日本軍占領地で慰安所の帳場人をしていた朝鮮人の日記を客観的に分析し、現地調査も行い、当地での慰安婦を含む朝鮮人の生活やその意識を浮き彫りにしている。問題の日記は、韓国では日本軍による朝鮮人女性強制連行の決定的資料とされているが、「連行」に関係する記述は全くないことが、崔教授によって明らかにされている。
http://hosyusokuhou.jp/archives/48806422.html


画像


この記事に対するネットの反応が凄まじい。

・朝鮮人にこんなマトモな学者がいるのか
・やめとけやめとけ、殺されるぞ
・この人は逮捕拘束されて獄中死だろうな、かわいそうに
・逃げろ、普通の韓国人からリンチにあうぞ。
・あー、この人年内命がもつかどうか、朝鮮人に生まれたばっかりに気の毒

そうでしょう。そうでしょう。
真実がばれたら朝鮮は終わり。
崔教授をやっきになって消しにかかるんじゃないの。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック