日本一の酒どころは福島県

全国新酒鑑評会というものがあります。
これは新酒を全国的に調査研究することにより、製造技術と酒質の現状及び動向を明らかにし、もって清酒の品質向上に資することを目的にした組織です。
その道のプロ100人が審査に当たり入賞酒と金賞酒が決められます。
 現在、全国規模で開催される唯一の清酒鑑評会である。

その平成28酒造年度全国新酒鑑評会入賞酒が発表されています。
(ちょっと古い話題で申し訳ない。最近知ったもので)


出品点数:860点

予審
審査日:平成29年4月25日(火)~ 27日(木)の3日間

決審
審査日:平成29年5月9日(火)~ 10日(水)の2日間

審査結果
入賞酒:437点(成績が優秀と認められた出品酒です。)
金賞酒:242点(入賞酒のうち特に成績が優秀と認められた出品酒です。)

この入賞データがこちらです。
http://www.nishino-kinryo.co.jp/news/year2017/pdf/0518.pdf

これをみるとなんと金賞受賞数は福島県が日本一なんである。

福島県バンザーイ!


金賞受賞数のベスト10を県別に並べてみます。

1位 福島県 金賞22点
2位 宮城県    20点
3位 秋田県    16点
4位 山形県    15点
5位 新潟県    14点
6位 兵庫県    13点
7位 栃木県    11点
8位 長野県    10点
9位 岩手県     9点
10位 茨城県・京都府・広島県 8点 

その栄えある福島の金賞酒を並べたのがこれ。
画像

こうしてみると日本の酒どころはやっぱり東北なんだな。
その中でも福島県はここ5年間ナンバーワンを続けているという。

このところ日本人に生まれて良かったとつくづく思いますが、日本酒好きの私にとってそんな中でも福島県に生まれてラッキーでした。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

Sei-chang
2017年10月13日 18:08
国権「大吟醸」大好きです。

この記事へのトラックバック