中山恭子& 小池百合子 二大保守政党の誕生は 憲法改正・拉致問題解決へ日本が大きく変わる希望の時

これはなんと頼もしい記事だろう。
中山恭子氏と小池百合子氏をよく知っている中曾千鶴子さんだから書ける記事ですね。
https://ameblo.jp/chiruko12/entry-12318806912.html?frm_src=favoritemail
リンクはあるのだが全文ここにコピペさせていただきます。

中山恭子先生からお手紙のお返事を頂きました。
というのは、今回の希望の党へ動かれた
中山恭子先生について、Facebookのコメントなどで、
かつての支援者や保守の方々から、様々な批判などがあるのを
見て、いてもたってもいられずとの思いで、応援メッセージをしたいと急遽、
中山恭子先生へお手紙をさせていただいていたのですが
たいへんご丁寧に美しい書状でお返事を下さいました。

かつて師として教えをいただいた先生を応援したい一心でした。
私のような 無名の一市民にまで、丁寧にお返事を下さったこと
心から感謝いたします。

「憲法改正を目指す・全ての拉致被害者の一刻も早い救出を目指す」という 信念を小池百合子先生と共有されての御英断、中山恭子先生の信念はゆるぎな く、そして崇高です。
憲法改正・拉致問題解決の大義を共有するものならば、どの党であれ共闘しお たがいにエールを送ることこそ、日本の国益であります。
中山恭子先生の信念と御英断に心から感謝の誠を捧げます。
これから、先生が、新党の中核となり、小池百合子氏への良き指南役となら れ、多くの議員をご指導なさること、心からご活躍を期待しています。 」


中山恭子先生からのお手紙には、

「小池代表とお会いしました時、安全保障の問題、憲法改正や
拉致被害者救出の理念・政策が一致しましたことは、これまで
一緒に活動してきた、各地の仲間たちが、今後も活動の場を確保できることとなると思い、決断致しました。これからの政治活動はより厳しいものになると思いますが、全力を尽くす所存でございます。」

と書かれていました。

画像




拉致問題に関して、日本政府が一週間の約束で一時帰国させた
かつて5名の拉致被害者を絶対に北朝鮮に返さないと孤立無縁の中で闘い、成し遂げたのが中山恭子先生でした。


また、かつて中山恭子先生が、ウズベキスタン大使であった時
日本人4人が、イスラムゲリラに人質となった事件では、
中山恭子大使は、通訳と山奥のゲリラのアジトに乗り込み、
ゲリラの司令官と直接交渉し、人質解放に尽力しました。
また、小池百合子さんは、かつて兵庫県で土井たかこ王国と
いわれた地域で、土井たかこと戦っておられた方です。


私の地元 大阪のベッドタウンの一つである川西市は、24年間在職していた元市長の公共事業を巡る汚職事件、前市長の市長選に絡む贈収賄事件等の結果、元市長の逮捕、前市長辞職、議会の自主解散など、正に市政崩壊の様相を呈していた。
そして前県議であった元日教組の柴生現市長が16年間も市長を
つとめていた地域であり、
議員や市長の腐敗、日教組出身の柴尾進市長
土井たかこ、宝塚、川西の腐敗、日教組のしばお進と
とうしようもない
そんな時代、希望の星であったのが、小池百合子さんだった。


今のマスコミや保守層は、上っ面で 批判してばかりいるけれど
本気で日本を変えようとしていた女性二人の過去の実績を
伝えることはしない。
私は、かつて、川西市のある先生に政治の勉強をするなら
小池百合子さんのような精神を学べと言われた。


そしてまた
私は、かつて、平沼赳夫先生のかけはし塾で学んだ。


その時に中山恭子先生に拉致問題を学んだことが
今の私の 拉致問題啓発活動へとつながっているのだ。

平沼赳夫先生は、人生を憲法改正にかけてこられた。
今は、御病気をされ、息子さんの平沼正二郎さんに引き継がれた。当選してほしい。

平沼赳夫先生、中山恭子先生、園田博之先生、藤井孝男先生、
片山虎之助先生は、それぞれの先生の所属がどう変わろうとも
私は、師として崇め尊敬する政治家であり
その御恩の思いは変わることがない。


今回、かけはし塾の同期生であった 鹿野あきらさんが
希望の党から出馬しているが、本当にうれしいし当然してほしい。


平沼先生に関するツィッターで、中山なりあき先生が
批判されたりもしていていてこの件については
残念なこともあるけれど

何より 憲法改正・拉致問題解決という大きな大義の前に
何をなすべきか、誰を支持するか
私は、日本初の女性首相として
中山恭子先生と 小池百合子さんをと 願っている。


拉致問題、安倍首相は頑張っているし、自民党にも
維新にも心ある議員の先生はたくさんおられる。
しかし、結果として、長年、自民党で、拉致問題が
40年も
解決しなかったのは、事実である。
だから私は、中山恭子先生と小池百合子さんの
最強の女性二人のタッグに期待をしている。
中山恭子先生にご活躍してほしい。


そのためには小池百合子さんにも
そしてタッグを組んだ維新にも活躍してほしい。


二大保守政党の誕生は、
憲法改正・拉致問題解決のため
日本が大きく変わる まさに 
希望の選挙になると思う。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック