北朝鮮のグアム攻撃はひとまず延期?

8/15はグアムにミサイルが落ちるのか固唾を呑んで見守っていたが、刈上げ君にも多少の常識はあるようだ。
トランプ大統領の報復を恐れてかこの日ミサイルは飛ばなかった。
これを普通はへタレと言う。
グアム周辺に落ちれば世紀のショーが見られるかと思っていたが、残念である。

かと言ってガチンコ対決になり日本に飛んできても困るなーとも思っていた。
何しろ、今のミサイルは進歩をとげ、日本は迎撃できないだろうと言われているからだ。
そこまで開発を許してしまったアメリカと日本が悪いのだから自業自得ではある。

チキンレース終了へのシグナルか、それとも全面対決の前触れか――米朝関係の緊張が続く中、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の「最新発言」が注目を集めている。

「ヤンキーの行動をもう少し見守る」――国営メディア・朝鮮中央通信は2017年8月15日、金正恩氏のこんな発言を掲載した。

米朝に見られた「変化」
金氏は14日、ミサイル運用を担当する朝鮮人民軍戦略軍の司令部を視察、かねてから進めているとされる米グアムへの「包囲射撃」作戦について説明を受けた。金氏は作戦が「極めて緻密(ちみつ)に、用意周到に」作成されていることを高く評価し、

「戦闘準備態勢と意気天を衝く姿を直接目のあたりにしてみると新しい決心を固めることになる、とても嬉しい」
と喜んだという。ところが一方、

「悲惨な運命の分秒を争うつらい時間を送っている愚かで間抜けなヤンキー(編注:米国)の行動をもう少し見守る」
「果たして今の状況がどちらにより不利なのかを明晰な頭で得失関係をよく計算してみる方がよかろう」
などと述べ、すぐには行動せず、ひとまずは米国側の出方を見る、としたというのだ。

7月28日深夜(日本時間)の大陸間弾道ミサイル発射実験以来、トランプ米大統領が「世界がこれまで見たことがない炎と猛威に見舞われるだろう」と牽制すれば、朝鮮人民軍は「金正恩同志が決断を下せば任意の時刻に同時多発的に、連発的に実行されるであろう」と、中距離弾道ミサイル(IRBM)「火星12」によるグアム攻撃をちらつかせるなど、米朝の間には熾烈な「挑発合戦」が続いていた。8月15日が日本による統治が終わった「祖国解放記念日」として祝日となっていることもあり、この日が「Xデー」になるのでは、という見方もあった。

ここに来ての軟化は、金氏の「弱気」の表れなのだろうか。実は米国側にも、この数日、姿勢の変化が見られていた。
部分引用おわり。
全文は次で。
https://news.infoseek.co.jp/article/20170815jcast20172305907/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック