金正男が好きな「セルジュ・ゲンスブール」

どこかで見たのだが金正男のFacebookアカウントが発見され、その中の好きな音楽の欄には「五木ひろし」と「セルジュ・ゲンスブール」が載っていたという。
ああこの記事だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000083-yonh-kr

「五木ひろし」はまだわかるが「セルジュ・ゲンスブール」って私は初めて聞いた。

ちょっと興味をひいたので調べてみた。

ウイキによると(Serge Gainsbourg、1928年4月2日 - 1991年3月2日)は、フランスの作曲家、作詞家、歌手、映画監督、俳優。両親はロシア系ユダヤ人で、パリ生まれ。
1958年に『リラの門の切符切り』でデビューして以来、反体制的な作風で人気を博し1960年代の特に後半から1970年代にかけてフランスのポピュラー音楽において中心的な役割を果たした
画像


1960年後半から1970年代のフランスのポピュラー音楽といったら私はシルヴィ・ヴァルタン とフランス・ギャルくらいしか知らないなー。
えっ!フランス・ギャルの「夢見るシャンソン人形」を作曲した人だって。

へーそれからかなり女たらしみたいだね。
ゲンズブールと関わった女性が半端ないわ。
それも私が知っているくらいだから世界的に有名な女性ばかりだ。
フランス・ギャル、アンナ・カリーナ、ペトゥラ・クラーク、マリアンヌ・フェイスフル、ブリジット・バルドー、ジェーン・バーキン、カトリーヌ・ドヌーヴ、バネッサ・パラディ・・・

それになんか大分型破りな人のようだ。
・まだ初心なフランス・ギャルにエロ含みの歌詞を歌わせる
・デュエットに恋人のアノ声を挿入・・・「ジュ・テーム」
・実の娘と回転ベッドであんなことこんなこと・・・
・国歌「ラ・マルセイエーズ」をレゲエにアレンジ
・生放送で500フラン札を燃やす
・ホイットニー・ヒューストンにI want to fuck
歌も歌ってるね。
これがあの「ジュ・テーム」ですね。
Serge Gainsbourg & Jane Birkin - Je t'aime... moi non plus/Original videoclip (Fontana 1969)

とにかくウイキをみると相当多才で型破りな人のようです。
でも今回初めて知りました。

こんな人が世の中にはごまんといるんだろうな。
いやいやごまんじゃ少ないな。
一万人に一人こんな才能を持っている人がいるとしたら73万人いることになるからな。(世界人口73億)

あれ?「ごまん」は「5万」じゃなかったような?
そう「巨万」でした。
「きょまん」と読むのが漢音で「ごまん」が呉音だってさー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック