5000話記念・黒沢鉱山の思い出

これがブログ日々佳良好の5000話になります。





私の人生は鉱山と深く関わっています。

先祖が山形県金山の谷口銀山で山を持っていたことは先祖探しの旅に書きました。
そして父が生まれたころ先祖は山形県の幸生銅山で生活をしていました。
そして私が子供のころ只見に住んだがここには黒沢鉱山がありました。
(ただし父は鉱山関係の仕事はしていない)
学生時代には工学部資源工学科に入りました。
これは昔の鉱山学科です。
その頃は先祖のことなど知らずに入りました。
だから大学の友人は鉱山関係者が多いです。

そんな訳で今回は子供の頃の思い出「黒沢鉱山」の話である。

まずは場所を見ておこう。
只見駅の東側に只見川があり、その対岸の山の麓に黒沢鉱山がありました。
私が小学生の頃であるが今は廃鉱になっています。
画像

そこに行くには只見川をぐるっと大回りしなくてはならないから、子供の足で鉱山の現場までは行ったことはありません。

でも近くまで栗拾いやアケビ取りには行ったことはあります。

栗拾いとは言うものの拾うのじゃなく木に登って毬栗ごと取るのである。
まだ茶色くなる前の白い栗が生で食べるとみずみずしくておいしいのです。
渋も爪で簡単に剥けます。当時は専用竹へらを持っていました。
黒沢橋の先、黒沢鉱山の林道に入ったところに栗の木はありました。

それから柴倉橋から鉱山に向かう途中で従兄弟とアケビ取りをした時のことである。
草薮にマムシを見つけました。
最初は生きていると思ってあわてて逃げたが動かないので死んでいることがわかりました。
まだ死んだばかりのようだったので棒に巻きつけて持って帰りました。
叔父はそれを大層喜んで体にいいと肝を生で飲んで見せました。

只見川の対岸の鉱山から町中まで鉱山の索道が架かっていて空中を鉱石バケットが行き来していましたが、子供心に、なぜかその様子が不気味だったことを覚えています。

町中の積み下ろし場付近には鉱石の一部がこぼれていて、私はそこで黄鉄鉱や水晶をよく拾ったものです。
それをしばらくコレクションで持っていたが、小学校5年に勿来に引っ越した時に友達の関心をひく為に全部あげてしまいました。
水晶など見たことがないと友達が驚くので気を良くしたのである。

その勿来に引っ越した後を追いかけるように父の知人が只見から勿来にやってきました。
その知人はいっとき黒沢鉱山で働いていたのですが不況で勿来に職を求めに来たのです。
その知人の家族とは今でも付き合いがありますが、父も知人もすでに故人になりました。

当時の黒沢鉱山は只見川の対岸から遠望できたはずだがまったく覚えていません。
ネットで調べても当時の様子など出てくることもありません。
出てくるのはの鉱山情報と廃墟跡くらいである。
http://www.ja7fyg.sakura.ne.jp/kouzan/kurosawa/kurosawa.html
http://kinno-homepage.sakura.ne.jp/mineral/kurosawa.pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/shigenchishitsu1951/19/98/19_98_356/_pdf
https://www.arinoki.com/travel/kurosawa/
https://www.arinoki.com/travel/kurosawa/page02.shtml

もう一度当時の様子が見たいな・・・としつこく探したら・・らしいのが出て来ました。
「黒沢の思いで」という本が出ていたのです。それも限定100部。1996年会津若松で出版。
風間鉱業株式会社黒沢鉱業所が書いた本でした。非売品のようです。
画像

ヤフオクで売りに出されていました。
それが欲しくてヤフオクは初めてやりました。
無事落札はできましたが支払いで躓きました。
それはさておき、届いた本にはあの見たかった空中のバケットや只見の当時の景色が写っていました。
嗚呼懐かしい・・・・もう60年前の景色だ。

それでは写真の一部をここに紹介してみます。
当然白黒写真である。
そうだ!覚えたてのカラー化ソフトで色付けもしてみよう。
https://colorize.dev.kaisou.misosi.ru/

画像

画像

画像

画像


画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
ああこの鉱山には多くの只見の人間が働いていたんだ。
でも残念ながら知人は写っていないな。


ところで雪景色のカラー化はだめですね。
人物写真もいまいちで今回のカラー化作戦はうまくいきませんでした。
素材が本だったからかな。

まあブログ5000話記念ということで大目に見てやって下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック