この顔にピンと来たら通報

画像

あれ大橋巨泉の子供じゃね?
なに?大橋巨泉の子供に男はいないって。
そうだよねー。大橋巨泉の子供だったら大変だ。

この事件はこんなんです。
今月1日、香川県丸亀市で2人が刺されて死傷した事件で殺人未遂の疑いで指名手配されている川崎寛容疑者(56)が沖縄県を経由して東京に逃走していることが防犯カメラの映像から分かりました。

川崎寛容疑者(56)は自宅で17歳の長男を包丁で刺して大けがをさせ、川崎容疑者の母親(80)も首などを刺されて死亡しています。

警察は川崎容疑者が偽名を使いながら逃走しているとみています。

http://blog.esuteru.com/archives/20008008.html

いまだ東京をふらついているようですから、大橋巨泉風男を見たら通報です。
上記ツイターじゃあちら系の人のようです。
そうだよなー母と息子を殺そうというのだからまともじゃないよね。
どれ一丁調べてみるか。・・・・・・・・・・・・


・元日の午前2時10分に、香川県丸亀市で自分の母親を殺し息子を切りつけるという凄惨な事件が起きました。
・指名手配されたのが、川崎寛(かわさきゆたか)56歳。
・凶行に使われた出刃包丁を自宅に残したまま、『赤帽 川崎運送』の軽トラックで逃走。
・トラックを乗り捨て沖縄から東京に逃走中
・現在、指名手配中の川崎寛の肩書きは、”職業不詳”。

・事件が起きた川崎家は、寛夫妻と1男1女、そして寛の母の瑞穂さんの5人暮らし。
・自宅は丸亀城の壕に隣接した市内の一等地、3階建の邸宅。
・川崎家は地元では有名な教育熱心な名家。
・寛の奥さんは市内の中学校の先生。
・けがをした息子は中高一貫の名門私立高校生。
・父(故人)は岡山の旧制六高から東京帝大を卒業したエリートで地元の名士。

名門家庭に生まれ、母親の期待を一心に背負って育ったものの、何一つ期待に応えることができなかった現実が、川崎寛を凶行に走らせたと地元の警察は見ているそうです。
http://talk-essense.com/2015/01/06/post-1169/


今回は残念ながら?あちら系の事件じゃないようです。
母親の期待を一心に背負って育つ→挫折する→やけくそになる→凶行に走る。
良く聞くパターンです。
強烈な教育ママは子供をダメにするかも・・・これ教訓だね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック