過去最大の渋谷駅移設工事始まる

児島さんからこんなメールを頂いた。

大工事の銀座線 貴重な「溜池山王」行きに乗って参りました。
今日11月5日(土)~明日6日(日)、および11月19日(土)~20日(日)の計4日間、東京メトロ・銀座線の一部区間(渋谷~表参道,青山一丁目~溜池山王)が運休となります。

銀座線を「終日運休」にして工事を行うというのは、史上初の事だそうでして、確かに、私の記憶にもありません。

鉄道好き人間にとっては、一大事の“歴史的な出来事”というわけで、その現地の様子を目撃しようと、出かけて参りました。

私が日頃、利用している丸ノ内線から銀座線には通常、赤坂見附で乗り換えるのですが、この駅が今回の運休区間に含まれているため、降りても、乗り換えができません。(=銀座線の電車が、やって来ません)

・・ここが、まず本日の見所の1つ。


その後、銀座で乗り換えて迂回する形で、溜池山王に向かいました。そこで、普段は見られない「溜池山王」行きを見ることができました。

・・これが、本日2つめの見所です。

メトロの1000系車両(新型)は、行き先表示がフルカラーLED方式ですが、01系車両(旧型)の方は、まさに旧式の「方向幕」方式ですので、滅多に見られない「溜池山王」行きの表示には、かなり価値があります。

01系は、1000系に置き換えられる形で、引退が近いと言われていますから、「溜池山王」行きは、おそらく今回で見納めとなることでありましょう。

車内に目を転じても、大半の車両がLEDあるいはLCD(液晶ディスプレイ)方式になっている現在において、写真のようなランプ式の駅名案内表示は貴重です。
画像


01系が登場した当時(=30年ぐらい前)は、四カ国表記(中韓語併記)など全く無縁の、古き良き時代でした。

それにしても、計4日間も銀座線を「終日運休」させての大工事というのは凄いですよね。

渋谷駅の宮益坂口、銀座線と明治通りが交差する、あの辺りの光景は一体どんな新しい姿に生まれ変わるのか・・今から要注目ですね。

>新しい駅はどんな姿に? 銀座線を一部運休、過去最大の渋谷駅移設工事始まる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161105-00010001-norimono-bus_all.view-006

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161105-00010001-norimono-bus_all

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161105-00010001-norimono-bus_all.view-000

児島


メール本文だけでは一体銀座線がどんな運行をするのかよくわからなかった。
添付のURLを開いてようやく判った。
私が理解したのを図にしてみました。
画像

なるほどねー。溜池山王折り返しと表参道-青山一丁目間の上下線逆走は確かにもう見られないかもしれない。
次回見に行ってみよう。
ところで赤坂見附駅が運休になるのは何故なんでしょう。
ここまで車両が入ってくると運行に支障をきたすのかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック