誰が東京を殺すのか 猪瀬直樹が語る「東京のガン」

元東京都知事の猪瀬直樹氏がNewsPicksの取材で東京都の問題点を明らかにしました。
さっきの内田茂いじめ自殺事件の爆弾投下も含まれ、すごく中身が濃く読み応え十分です。
https://newspicks.com/news/1663515/body/
記者の質問に猪瀬氏が答えていますが、その質問項目だけ並べてみます。
画像


●内田氏を怒らせた事件
──先日、都知事選に関連する猪瀬さんのNewsPicks上でのコメントが大きな話題になり、3000を超える「Like」が付きました。特に、都議会のドンとも言われる内田茂・自民党東京都連幹事長についてのコメントが痛烈でした。今回は、その内容をより詳しく聞いていきたいと思います。

●国会議員より偉い
──そもそも、なぜ内田氏の東京都連幹事長というポストはそれほど権力があるのですか。

●役人も記者も内田氏に逆らわない
──特定の個人が、説明責任もなしに、それほど長期にわたり強大な権力を持ち続けるのは、ガバナンスとして問題です。
──幹事長とはいえ、なぜ内田氏個人がこれほど絶大な権力を持てるのですか。

●ある議員の自殺
──内田氏の権力基盤は盤石なのですか。ほころびは見えないのですか。
──内田氏の権力の肥大化を問題視して、行動に移した人はいないのでしょうか。

●炎上と人民裁判
──猪瀬さんは、都知事として、一連の問題点を解決することはできなかったのでしょうか。
──後ろめたいことがないのにもかかわらず、なぜ都知事を辞めたのですか?
──責任のとり方として、辞職まで必要だったのでしょうか。

●森氏との戦い
──東京都にとって、最大のテーマのひとつは、東京オリンピックです。なぜ五輪をめぐって、こんなに問題が噴出し始めたのですか。

●とにかく無責任

●東京の24時間化
──最後に、猪瀬さんが思う、今回の都知事選挙のポイントを教えてください。

●小池氏への期待
──今の東京には、ビジョンが見えません。
──ガバナンス面では、議会の権限を抑えることも必要ですか?
──改革派か守旧派かをしっかり見極めるということですか。
──石原さんは守旧派だったのですか。
──現在の候補者の中で、改革派と言われる小池百合子さんは、改革できますか?
ここだけは猪瀬さんの答えを載せます。
期待したい。選択肢がほかにない。小池さんは、内田都連幹事長、森組織委員会会長に対して、しっかり照準を合わせています。

選択肢が小池さんしかない-決まり!





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック