中国土砂崩れ不明91人に 政府が「人災」と認定

【北京=矢板明夫】中国南部の広東省深セン市の工業団地で20日発生した大規模な土砂崩れで、中国国土資源省は同日夜、「工業団地近くの山自体の斜面は崩れておらず、積み上げられた大量の建設残土が流れ、近くの工場や労働者宿舎などをのみ込んだ」などとする緊急調査結果を発表し、土砂崩れを「人災」と断定した。新華社通信によると、行方不明者は当初伝えられた59人から、女性32人を含む91人に増えた。
中国紙「北京青年報」によれば、同工業団地近くは約2年前から建設残土の投棄場所となっており、深セン周辺の残土がトラックで運び込まれ、高さ100メートル前後に積み上げられた場所もあった。

http://www.sankei.com/photo/story/news/151221/sty1512210015-n1.html


宮崎正弘氏はこう言っている。
 深センは香港に隣接する新興都市で、人口は一千万人を越える。新幹線が乗り入れ、地下鉄も走る。
街は高層ビル、急造したマンション、工場がひしめく大都会。印象としては急遽バラックを継ぎ足した映画のロケ現場のようで、全国から無数のギャングも入り込み治安は乱れている。

日本人相手のぼったくりバアも多く、土地の速成、でたらめな工事による造成団地の土地が柔らかく液状化現象や道路陥没などが頻繁に報告されてきた。

 日本企業も数百社進出しており、居住者も多い。香港よりマンションが安いので、ここにマンションを買って香港に通う労働者もあるが、他方で日本人などは単身赴任、家族は香港で日本人学校に通わせる組も目立つ。


まあ典型的な乱開発された新興都市ですね。
開発に規制が追いついていないのでしょう。
この災害を見ているとあの高速鉄道事故で車両を埋めて掘り返した対応が思い出されます。

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック