朝鮮人密入国の証拠:ピカソの絵

この絵をご存知ですか?
私は見たことあるような無いような・・・
画像

これはあのピカソが描いた「朝鮮の虐殺」(Masacre en Corea 1951)という絵です。
仮に見たことあっても「朝鮮の虐殺」というのは知りませんでした。
なでしこりんさんのブログで初めて知りました。
http://ameblo.jp/fuuko-protector/entry-11990351104.html?frm_src=favoritemail
この絵が描かれた背景が次の信川虐殺事件なのである。
朝鮮戦争さなかの1950年北朝鮮黄海南道信川郡において、国連軍占領下で住民の4分の1にあたる3万5383人が虐殺されたとされる事件。

ピカソがこんな絵を描いているなんて知らなかったなー。
スペインのピカソが遠い異国の朝鮮を絵の題材にするんだから、よっぽど酷いことだったんだろうね。
こんな虐殺事件が頻発するんじゃ猫も杓子も日本に逃げるわ。
そして日本は居心地がいいからと居残って強制連行ニダってあんた。
嘘付きは朝鮮人の始まり。
彼らは全部密入国者。

そしてこのピカソの「朝鮮の虐殺」はほんの一例。
全貌を知ったら「朝鮮大虐殺」と言わざるを得ない。

前にも載せたと思うけど、復習を兼ねてまた載せちゃいますね。

「韓国大虐殺」・・・日本人が知らない「在日韓国人と韓国軍の血塗られた歴史」

済州島四・三事件
1948年4月3日に済州島で起こった島民の蜂起にともない、韓国政府・韓国軍・韓国警察などが引き起こした島民の虐殺事件。島民の5人に1人にあたる6万人が虐殺され、済州島の村々の70%が焼き尽くされた。韓国軍は島民の住む村を襲うと、若者達を連れ出して殺害するとともに、少女達を連れ出しては数週間に渡って輪姦、虐待を繰り返し惨殺した。

麗水・順天事件
1948年10月19日、済州島四・三事件鎮圧のため出動命令が下った国防警備隊第14連隊(約2,000名)が反乱を起こした。韓国政府は直ちに鎮圧部隊を投入し、1週間後の10月27日には反乱は鎮圧された。事件後、韓国政府の左翼勢力摘発は過酷を極め、反乱部隊に加えて、反乱共謀者として非武装の民間人8000名を殺害した。

聞慶虐殺事件
1949年12月24日に大韓民国慶尚北道聞慶郡(現:聞慶市)で、共産匪賊に協力したなどとして、韓国陸軍第2師団第25連隊の第7中隊第2小隊第3小隊が非武装の女性、子供、老人の88人を射殺した。事件は長らく共産匪賊による仕業とされていたが、2007年6月26日に韓国政府の犯行であったことが明らかにされた。

朝鮮戦争
1950年6月25日 - 1953年7月27日-休戦)は、成立したばかりの大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の間で、朝鮮半島の主権を巡り北朝鮮が、国境を越えて侵攻したことによって勃発した国際紛争。戦闘に巻き込まれたり虐殺された民間人の死者だけで200万人を超えるという。

保導連盟事件
1950年6月25日の朝鮮戦争勃発を受け、李承晩大統領の命令により、韓国軍や韓国警察が共産主義からの転向者やその家族を再教育するための統制組織「国民保導連盟」の加盟者や民間人など少なくとも20万人以上を大量虐殺した事件。

漢江人道橋爆破事件
1950年6月28日午前2時30分頃、およそ4,000人の避難民が渡っていた漢江人道橋を、避難民もろとも韓国軍が爆破し、約500~800名が死亡した。この橋梁の爆破によって、前線で北朝鮮軍と交戦中であった韓国軍主力の退路が断たれ、背後を遮断されたことを知った各部隊は雪崩を打ったように後退を開始し、戦線は瞬く間に崩壊することとなった。

大田刑務所虐殺事件 
朝鮮戦争勃発直後の1950年7月初め、韓国の軍と警察が、大田刑務所の収監者約1800名を銃殺していたことが、このほど資料的に裏付けられた。このことは、2000年1月5日、韓国マスコミが、機密指定解除されたアメリカ国立公文書館の文書から「処刑」が確認されたと報道したことにより明らかになった。

信川虐殺事件
1950年、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)黄海南道信川郡において、国連軍占領下で住民の4分の1にあたる3万5383人が虐殺されたとされる事件。


国民防衛軍事件
中国義勇軍の参戦による戦局の悪化を打開するべく韓国政府は国民防衛軍を組織した。1951年初頭、韓国は北朝鮮・中国両軍の攻勢を受け、前線からの後退を決定し、およそ50万の将兵が大邱や釜山へと撤退することとなった。この撤退の際に、国民防衛軍司令部の幹部達が国民防衛軍に供給された軍事物資や兵糧米などを不正に処分・着服。その結果、極寒の中を徒歩で撤退する将兵達に対する補給物資が不足し、9万名余りの韓国軍兵士が餓死・凍死する「死の行進」となった。

江華良民虐殺事件
1951年1月6日から1月9日にかけて、韓国軍、韓国警察、民兵は北朝鮮統治時代に北朝鮮に協力したなどとして島民212人から1,300人を虐殺した。この事件前の1950年には、保導連盟事件で、すでに140人の島民が虐殺されていた。

山清・咸陽良民虐殺事件
1951年2月8日、韓国陸軍第11師団第9連隊第3大隊は居昌郡に隣接する山清郡今西面、咸陽郡柳林面の一帯にある12の村々の住民705人を集め、パルチザン殲滅と称して殺害した。

居昌良民虐殺事件
1951年2月9日から2月11日にかけ、2月8日に山清・咸陽良民虐殺事件を引き起こした 韓国陸軍第11師団第9連隊第3大隊が共産匪賊のパルチザンを殲滅するためと称し、無実の市民を719名を虐殺した。犠牲者の内訳は、3歳以下100人、4~11歳未満191人、11歳~15歳未満68人、15歳~60歳未満294人、60歳以上66人であった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック