尖閣は日本の領土・動かぬ証拠

これは水間さんの大スクープですね。

水間さんがなんと中狂は1969年までは尖閣を日本領土だと認めてめていたという動かぬ証拠を掘り起こしました。

詳細は2015/01/12 公開のこの動画をごらんください。


動画の説明です。
尖閣諸島の侵略を目論む中共が、将来的な軍事侵攻の大義を捏造しようとホームページを­開設して宣伝工作を始めているが、それを完膚無きまでにうち負かす資料を水間政憲氏が­公開した。日本の国土地理院にあたる「中華人民共和国国家測絵総局」が、少なくとも1­969年までは尖閣を日本領として認めていた地図を製作していたのである。日本の領有­権を中共自らが認めていた「動かぬ証拠」について、水間政憲から御説明していただきま­す。

はいその地図の画像をキャプチャーしてみました。
確かに「中華人民共和国国家測絵総局」と書かれています。
画像


この情報は2013年にフォーリン・ポリシーという米国外交情報誌に千葉あきら講師が明らかにし、日本の某新聞社に情報提供を申し出たのに新聞社は動jかなかったといいます。

某新聞社の名前は明らかにしませんでしたが、中狂のお先棒を担ぐ新聞社と言ったら・・・・
想像つきますよね。
日本に不利な情報は全部握りつぶしますから。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック