パラオの常識・日本の非常識

支那の小笠原サンゴ強奪に関して日本政府はなんら反撃をしませんでした。
これに関してあの小国のパラオだって支那に歯向かったんだと引き合いに出されます。
私もその話は何度か聞いた事がありますが、そのニュースソースは知りませんでした。
そこでちょっと調べてみました。


違法操業取り締まりで中国人漁民1を射殺、5人を逮捕=パラオ
【社会ニュース】 2012/04/04(水) 18:02
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0404&f=national_0404_140.shtml

 パラオ当局によると、同国が排他的経済水域に設けているサメ保護区で3月30日、違法操業をしていた中国漁船と取り締まりの警察の間で「激烈な争い」が発生した。警察は中国人乗組員1人を射殺し、5人を逮捕した。取り締まりに当り、操縦士1人と警察官2人を乗せた飛行機が行方不明になった。中国新聞社が報じた。
■「中国」、「漁船」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト
 パラオ当局によると、警察が違法操業をしていた中国漁船を取り締まろうとして「激烈な争い」が発生した。

 発砲により、中国漁船の乗組員1人が死亡した。残りの5人は逮捕された。6人とも中国国籍という。漁船側の違法操業の事実確認と発砲までの経緯については、さらに調査を進めるという。

 同件に絡み、飛行機1機が行方不明になった。操縦士1人と警察官2人が乗り組み、中国漁船の「母船」を捜索していたが行方不明になった。飛行機はナビゲーション・システムが故障し、燃料切れで海に墜落したとみられている。

 パラオは2009年、商業的漁業を禁止した広さ63万平方キロメートルの「サメ保護区」を自国の排他的経済水域内に設けた。違反の場合には最大で禁錮2年と罰金5万ドルの刑が科される。(編集担当:如月隼人)

画像


人口2万のパラオにできて日本にできないとは・・・本当に戦後の日本は軟体動物になってしまった。
靖国の英霊はさぞかし嘆いていることだろう。

パラオの正当防衛
世界の常識、日本の非常識
そして珊瑚は無くなった


http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/archives/41761400.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック