スマートお箸で「下水油」を見分ける中国

2014年9月4日、人民網によると、中国のネット大手・百度は3日、百度世界大会2014を開き、同社のロビン・リー(李彦宏)CEOは「クアイソウ」というスマートお箸を発表した。
画像

このお箸には各種センサーが搭載されており、水素イオン指数(PH)や温度、油の質、甘さなどを測ることができる。また、測定したデータをスマートフォン(多機能携帯)に送ることができるほか、お箸の上に搭載されているLEDランプが「合格」か「不合格」を知らせてくれる。「下水油」(中国語「地溝油」。レストランなどの排水溝や下水溝に溜まったクリーム状の油から精製した油)が使用されているかも分かるという。李CEOによると、量産体制がすでに整っている。(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/武藤)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140905-00000021-rcdc-cn

下水油(中国語「地溝油」)は以前ブログに書いたからご存じの方も多いと思います。
地溝油ってマンホールの下水から回収するんだかんね。
下水といったら糞だってまじっているだろうよ。
http://katintokei.at.webry.info/201109/article_4.html

画像

画像

http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/54416122.htm

この箸センサー対策って、言ってみれば偽物を放置して偽物センサーでひと儲けしようというものじゃないか。
対策の方向が違わないかい。
地溝油を廃絶しようとは思わないのかなー。
中国はもう来る所まで来たと言う感じですね。
他人の不幸は蜜の味なんでしょうね。

それにしても偽物の性質が悪いわ。
考えただけでオェーとなるわ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック