支那の要求に屈するのかJALとANA

中国が東シナ海上空に防空識別圏を設定しましたが、中国はこの防空識別圏を通過する飛行機に、飛行計画を提出することや、無線で中国側と相互交信できるようにすることなどを各国に求めているといいます。

この要求に対しJALとANAは25日、防空識別圏を通過する運航便の飛行計画を中国当局に提出し始めたという。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131126/biz13112600500000-n1.htm

それに対して 菅官房長官は26日午後の記者会見で、飛行計画書を中国側に提出しないよう求めました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131126/k10013355991000.html

当然じゃ!なんと頼もしい安倍政権。
中国の要求に屈し飛行計画書を提出してまで飛行機を飛ばそうと考える航空会社は国賊だ。
骨のある日本企業なら、「そんな不当な要求には応じられない、撤回せよ。」
「安全が保証されないなら、飛行機は飛ばさない」と主張すべきでしょう。

JALとANAの幹部は日本人としての誇りがないのか!








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック