世界国民の民度・道徳レベルランキング

いまいち信憑性に欠けるが北京青年報が伝えたニュースです。

「国連が公表した世界国民の民度・道徳レベルランキング」で、中国は下から2番目だったという情報がネットで出回っているが、ユネスコは取材に対し、このランキングの作成を否定している。
8月31日、北京青年報が伝えた。

「国連が公表した国民の民度のランキングで、中国は下から2番目だった。数千年の輝かしい文化と歴史を持つ文明国家が、今や軽蔑されるごみ国家になっている」

中国は下から2番目の167位というこのランキングは、様々なネットで大きな話題となっている。

「中国はこの数十年160位以下なのに対し、日本はずっと世界一だ。国連のランキングは、中国の現状や我々が軽視してきた部分を反映している」
このランキングを見たネットユーザーは転載したり自分の意見を付けたりして、中国人の民度を憂慮している。

このランキングは168カ国を対象としており、上位三か国は日本、米国、フランスだった。しかし、どのランキングにも上位と下位の10か国しか掲載されておらず、「真ん中の国はどこに行った?」と疑問を呈する声もある

さて「中国は下から2番目の167位」と自ら報道しているところをみると、自嘲を込めた事実かと思われる。
ところでワーストワンはどこなのか?
どこを探しても書いてない。
書く必要がないのか。当たり前すぎて。
まあ誰が考えたってあそこですよね。

あ・そ・こ


そう。火病国

ワースト・ワン・ツーフィニッシュとなりましたか。
ついでに経済も国もワン・ツーフィニッシュでよろしく。

前の記事へ---次の記事へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック