ピースとハイライト

サザン の「ピースとハイライト」が今ヒットしていると言う。
サザンはどうでもいいのだが、煙草の「ハイライト」は懐かしいのでちょっと取り上げてみる。

私が煙草を覚えたのは大学受験を控えた高校3年の時である。
その時はショートホープだったが高校生だから隠れて吸っていました。
大学受験が終わって米沢の親戚を訪れた時、そこの旅館で隠れて吸いました。
あの時の味とドキドキした思い出は今でも鮮明に覚えています。

大学生になり堂々と煙草を吸えるようになってからはずーとハイライトでした。
学校がひけて下宿に帰る途中に友人のK君が住んでいました。
彼もハイライトだったから、煙草が切れるとよくそこに寄ってはハイライトをもらって吸ったものです。

実家に帰りハイライトを父にあげると父はハイライトを断り頑なに「しんせい」だった。
だから時々「しんせい」ももらって吸ったがうまいと思ったことはない。

ハイライトが発売されたのが1960年で発売後二週間で4億本も売れ、世界一の売上の記録をもっているそうだ。
発売当時は70円で私が吸っていたころは80円だったが、あれよあれよと値上がりし私が禁煙した頃は150円くらいでした。
それが今調べて見たら2010年に410円だというから驚く。
えーこれじゃ、うかつにもらい煙草もできないね。
一本20円もするんですか・・・

他のたばこは今幾らしているのだろう。
マイルドセブン410円、セブンスター440円はまあ順当か。
学生時代金が無いとおやじさんから煙草をめぐんでもらっていたのが、エコーか若葉。
懐かしくて涙が出そうだが、まだ健在なんですね。
それぞれ230円と240円だそうです。
健在と言えば「ゴールデンバット」がまだあるんですね。
煙草の中で一番安い200円ですが、よく無くならないで100年以上も続いています。
私の記憶にあるゴールデンバットは30円で日本海をサイクリングした時です。

今思うと禁煙するまでは色々な煙草を吸いました。
時々煙草を吸っている夢をまだ見ます。
今は全然吸いたいと思わないが、当時のことを思い出すと煙草も懐かしいものです。

前の記事へ---次の記事へ







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック