靖国参拝に空母「遼寧」出動

中国が空母まで動員して日本に圧力を加えました。(08月17日の中央日報日本語版)

16日の中国官営中央テレビ(CCTV)によると、山東省青島港の空母「遼寧」が15日昼、渤海湾に移動したと伝えた。「遼寧」は今後数日間、東海(トンヘ、日本海)海上で艦載機の離着陸と実弾射撃訓練を実施する予定だ。また母艦の夜間機動訓練も行い、総合的な戦力増強を狙っている。「遼寧」の海上訓練は今年3回目。

中国の海軍専門家の李傑氏は「日本の敗戦日に合わせて空母が東海に向けて出港し、海軍が強力な射撃訓練に入るのは、日本の右傾化と軍国主義復活の動きを中国軍がこれ以上座視しないという強力な警告であり、武力示威の性格が強い」と分析した。
画像


でもこの空母なにやら問題が山積しているといいますね。
極端な話、鉄屑でしかないといいます。なんせ古い。
ロシアがスクラップ予定の物を中国が娯楽施設にすると言って騙して買ったものですから、外観は綺麗にしましたが中身はボロボロのポンコツといいます。
基本的には1980年代のソ連が使っていた古い技術が使われているし中国改造ですから信頼性など0でしょう。
「遼寧」とググるとすかさず「ハリボテ」がくっついてきます。

昨年11月28日に空母艦載機「J-15」が初めて離発着に成功し空母を運用する5カ国(米国、ロシア、フランス、インド、ブラジル)に仲間入りしたと喜んでいますが、蒸気式射出機がないので、戦闘機は自力で発進しなくてはならない。
つまり、離陸時にはある程度の兵器と燃料しか搭載できないのでゲームチェンジャーには成りえないといいます。

日本海海上で訓練を実施する予定といいますが、自衛隊はこれをみても何の脅威も感じないのでしょうね。
でも積載能力はありそうだから近代兵器が積み込まれることも考えて自衛隊は油断しないでくださいね。

前の記事へ---次の記事へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック