TPP参加の真相はこうだったのか

鍛冶俊樹氏のメルマ「尖閣に公務員を常駐させよ」の要約です。
なるほどねー、TPP交渉参加の真相はこうだったのか。
昨年の衆議院選挙における自民党の選挙公約には「尖閣に公務員を常駐させる」が盛り込まれていた。
自民党はこの選挙に圧勝して政権与党に返り咲いたわけだから、当然公約は実行される筈であった。
ところが、その後この公約は急速にトーンダウンし、いまだに実行される気配がない。

衆院選後、安倍総理は日米首脳会談を直ちに設定しようとしたが、オバマ大統領は「尖閣に公務員を常駐させるつもりなら会わない」と言ったという。
オバマ大統領としては公務員常駐を阻止することで中国に恩を売り、対中交渉を有利にし、同時に日本には「尖閣は米国が守ってやるから、その代償としてTPPに参加して日本の市場を米国に開放せよ」と迫ったというのだ。

米国としてはいわば一石二鳥の戦略だった。安倍総理はやむなく尖閣常駐を先送りにし、TPPへの参加を表明した。当然その代償として米国は尖閣を守らなくてはならない。
ところが米国の対中交渉はものの見事に失敗した。

中国の尖閣侵略が止まらない。
オバマ大統領が尖閣を守ると約束したから、安倍総理は尖閣への公務員常駐を見送ったのであり、オバマがその約束を実行できない以上、日本は尖閣に公務員を常駐させるべきだ。


三橋貴明さんによれば安倍政権の保守色を邪魔する最大の障害は、左翼でも中国でも韓国でもなく、今や、米国だそうです。
前の白人支配主義から日米開戦の陰謀、大空襲と原爆投下という非人道的な行為、戦後GHQの骨抜き政策を俯瞰すると、どれだけ日本はアメリカに酷い目に遭わされて来たか判る。
もうアメリカに頼らなくても自立できる強い日本に生まれ変わらなくてはならない。
それにはまず憲法改正か。

前の記事へ---次の記事へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック