ビワの葉療法の実践

私がビワの葉療法を知ったのは30数年前である。
だからそれで助かったのは2度や3度じゃない。

一番劇的に効果が現れるのは火傷のときのビワの葉療法である。

私が単身赴任の時、湯沸しポットの熱湯を左足首にかけて大やけどをしてしまったことがある。
熱湯をカップに注ごうとポットを傾けたとき蓋がパカーッと開いたからたまらない。
とにかく冷やさなくちゃと洗面台に足をのせて水道の水をジャージャーかけた。
そうして冷やしている間は痛みもやわらぐのだが、やめると耐えられぬ痛さだった。
夜中のやけどだから一晩中こうしているわけにもいかない。ハタと困った。

とその時、ビワの葉が手元にあることに気が付いた。
(そのころビワの葉療法の本を読んでいたからビワの葉を近隣で見つけたら必ず2~3枚インマイポケットしていた。)
とりあえず葉っぱを患部に当ててみた。
そうしたらスーッと痛みが引いていくではないか。
これはこれは。まさかの世界。
私はさっそくビワの葉を布きれと絆創膏で患部に固定した。
おかげでその夜は痛みから解放されて眠りにつけた。

翌朝歩けるのでとりあえず病院に行こうと上司に連絡したら上司が車で送ってくれた。
そして病院で治療してもらったのだが、医者は何これ?と私のビワの葉を躊躇なく捨ててしまった。
そして軟膏をべったり塗って包帯を巻いたらもう痛くて歩けなくなった。
医者は当然だとばかり松葉つえを貸してくれた。

さっきまで歩けたんだぜ。ビワの時は。
それが軟膏に変えたら歩けなくなった。
西洋医学はダメだなーとこの時ほど感じたことはない。
上司が車でついてきてくれたから助かったが、徒歩で病院に行ってたら帰りは松葉つえだった。

ハイ。この火傷の場合の手当マニュアルです。
ビワの葉で痛みなく治りますよ。
①ビワの葉は年季の入ったゴワゴワした深緑の葉を使います。黄緑の若葉はだめ。
②表面の汚れを洗って、ガスコンロで表面を軽く炙りしなやかにします。
③患部に艶々した面(おもてめん)を当てます。葉の茎と葉の先は適当にカットします。
④包帯代わりにラップでビワの葉をぐるぐる巻きして覆います。
 (ラップは葉の乾燥防止になります。)(本当は幹部だけラップで覆い包帯で止めた方がよい)
⑤包帯で止めれないような箇所はラップでビワの葉を覆い絆創膏などで止めます。

上記ビワの葉で痛みがなく治った例をもうすこし上げないと信じてもらえないね。
では自分の赤恥をさらします。上記事件の後の話です。
我が家の温水器は種火が一晩中ずーと着いていると早朝一番には熱湯が出るのだが、この日はシャワーを使おうと裸になって蛇口をひねったらいきなり熱湯が出てきて男の一番大事な箇所にかかってしまった。
普段朝シャワーなんてしないのでうっかりしてしまったのです。
大事なところをやけどしたなんて、はずかしくて病院にもいけません。
まあビワの葉で直せるだろうと気を大きく持って実践して痛みもなく治りましたがね。
ただ一番困ったのは、用を足すときビワの葉で作った指サックみたいなものを外す時ね。
会社のトイレならまだしも、外出先ではいつ他人が入ってくるかわからないから。

次はある日、左足先に何か落とした事件です。
もうその事故の詳細は覚えてないが、親指の爪の裏が出血した強度の打撲傷である。
とにかく痛かった。
病院に行くことも考えたがせいぜい湿布と痛み止めだろうから、ビワにした。
この時も痛みは激減し、いつの間にか綺麗に治っていた。
出血した爪も剥がれることなく治った。

ハイ。この打撲傷の場合の手当マニュアルです。
痛み止めだけじゃなく打撲傷も早く治りますよ。
①は上記と同じ。
②ビワの葉を葉巻状に巻き、おろし金ですりおろす。
 汁状にならなくてよい。細かくなればよい。
③同じくジャガイモ小1個と生姜ひとかけらもすりおろす。
④繋ぎに小麦粉をまぜて②③と一緒に練り合わせる。
⑤患部に湿布薬と同じように塗ってガーゼ等で押さえる。
これはジャガイモが打ち身に効くんですね。生姜は血流を促進し治りを促進します。
もちろん痛みは殆どありませんから。

次に我が娘が小児ぜんそく持ちだったんですが、発作を起こした時、通常のネプライザー治療でも苦しがる時がありました。その時はビワの葉コンニャク療法をしたものです。これをすると楽になったようです。

ハイ。この喘息症状の場合の手当マニュアルです。
①は上記と同じ
②ビワの葉二枚と板コンニャク二枚を用意する。
③コンニャクを鍋で10分ほどグツグツ煮る。
④タオルを長手方向に二枚に折りそれで、コンニャクを巻く。
 さらにもう一枚のタオルで同じように巻く。つまり1個のコンニャクにタオル2枚使う。
⑤これを2個用意する。つまりタオルを巻いたコンニャクが2個です。
⑥ビワの葉を患者の胸と背中に当て、そこにタオルで巻いたコンニャクをあてがう。
⑦そうすると着ている服でビワの葉もコンニャクも押さえることができる。(だぶだぶの服は×)
ビワの葉に熱が加わることで効力がぐっと増します。コンニャクそのものも効力あるようです。
だんだんぬるくなるので、タオル一枚はずして続行します。それでもぬるくなったら終了。
これでも満足いかない場合は繰り返してください。
なおビワの葉は新しいものに代えた方がベターです。

これ以外の症状にもビワの葉を使った療法はたくさんあります。
是非一度ネットを回って調べてみてください。

ここからは私には未経験の領域ですが。
実はビワの葉は癌の痛みも癌そのものも直してしまう力を持っています。
ビワの葉温圧療法と言って、患部にビワの葉をあてがい火をつけたもぐさ棒で患部を押すのです。
そうすることで癌細胞をやっつけることができるというものです。
詳細はつぎのURL参照してください。
http://www.biwaba.com/tikara.html
http://www.shizenkan.net/seisyoku/biwa.htm

自分の経験からビワの葉のパワーはへたな西洋薬を凌駕すると思っています。
ビワの葉に限らず自然の生薬のパワーにも、もっとスポットを当てるべきと思います。

前の記事へ---次の記事へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ぺ3
2013年08月20日 22:16
こんばんは。ビワの葉に関して検索中の、通りすがりの者ですが(怪しい者ではありませぬ)

すみません。。。。
ついうっかり笑ってしまいました…(実体験)
なのでコメントを残して行こうと思いましたm(__)m

ビワの葉を大量に貰ったので
面白い使い方や、効果があった話題を模索しておりました。
ビワは、やはり良く効くようですね^^
(まだ自分で使う機会が起らないのです(笑)
打撲バージョンのレシピはそのうちお世話になりそうです。
(仕事中に結構アチコチぶつけるただのドジ)


今回入手したビワ葉は、
エタノール抽出したものが冷蔵庫に1瓶。
風呂に葉っぱを放り込み
抽出液で石鹸を作り
残った未使用の葉は、まだ冷蔵庫で寝ています。
これから冬に向けて、軟膏を作ろうと思います^^

また寄らせていただきます☆
ありがとうございます
かちん
2013年08月21日 21:39
ぺ3さんへ
ビワ葉の焼酎漬けをウーロンハイのようするとなかなかいけますよ。葉を細かくし乾燥したビワ茶もね。

この記事へのトラックバック