戦わずにして中国に勝てる6つの方法

このところ尖閣が怪しくなって 一触即発状態。
朝日は防衛大臣の記者会見を歪曲し、日本の防衛大臣が尖閣問題で警告射撃に初めて言及したと大きく伝え、支那に侵略戦争をけしかけています。
朝日は中国が勝つと思っているのでしょう。
総合戦力からみたら中国が上であることは明白です。

そこでアメリカの助けが必要になる訳ですが、これに関してヒラリー・クリントン長官は中国の指導者に対し、「貴国がフィリピン、ベトナムおよび日本と開戦すれば、米国は6つの対策を考えている。一兵卒も使わず、中国を負かすことができるだろう」と言ったという。
これを「ヒラリー長官の警告」といい、多くの中国国内のサイトに転載されている。
これは中国人のネットユーザーによる作り話とみられる。
でも中身はかなり核心をついており、これがうまいこと行けば中国は戦わずして内部から崩壊するかもしれない。

「恐ろしい。戦争ができないのではないか」
「これらのアイデアを絶対にアメリカに教えてはダメだ」
といったコメントが寄せられているという。

中国人の中には中国共産党崩壊を望んでいる勢力もあるだろうから、これは注目に値する。

具体的な「対策」とは以下の通りである。
(1)中国の政府高官が所有する海外の銀行口座の残高を発表し凍結
(2)米国のパスポートを持つ中国人官僚の名簿を公表
(3)米国に住んでいる中国人高官の家族の名簿を公表
(4)ロサンゼルスにある「妾村」を一掃
(5)米国在住の中国人高官の家族をグアンタナモ刑務所に収容
(6)中国国内の失業労働者などの不満分子に武器を提供。

今日の共産党政権の“アキレス腱(けん)”を見事に指摘した書き込みである。

若干の補足説明が必要だろう。

まず今日の中国では、家族と財産を海外に移し、本人がいつでも逃亡できるように外国のパスポートを持っている共産党幹部が多くいるという事実。
すなわち多くの中国の指導者の身内はすでに米国に人質にとられているも同然。

「妾村」とは多くの高官は妻を米国に移住させたほか、愛人にも米国の豪邸を買い与えていることをいう。

このような状態を中国人民(不満分子)はどう見るか。
(1)~(3)をアメリカが公表しただけで中国国内は大混乱で戦争どころではないだろう。
そこに武器などを提供したら内部崩壊にまっしぐら。

なかなかいいアイデアじゃないか。
日本も情報戦に強くならなくちゃいけない。
アメリカをどんどんけしかけよう。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

よいこ
2013年01月19日 11:30
1.2.3.は
諜報活動で情報を集められるし出来ないならば
捏造して米国発をよそおい中国に発信せよ.
そして.6.いつでも.を実行できる態勢をとれ.
そのくらいのことを.今すぐに実行に移せと日本政府に
言いたい.行って貰いたい.
日本駐在員の方達の帰国が終わるまでの時間稼ぎは
嘘.捏造でもかまわない中国共産党に中国人が鋭い目を向けるように知恵を絞れ.と言いたいです

この記事へのトラックバック

  • レイバン メガネ

    Excerpt: 戦わずにして中国に勝てる6つの方法 日々佳良好/ウェブリブログ Weblog: レイバン メガネ racked: 2013-07-05 22:05