只見川鉄橋被害

本日昼過ぎのブログで「只見川が危ない」と言いましたが、結局JR只見線の第5・第6・第7橋梁と3橋並んで洪水でやられてしまいました。(下流から上流に向かって5・6・7)

第6橋梁は本名ダムのすぐ隣ですが、ニュースでダム放流時のすさまじい映像が流れていました。
地元の方は放流が遅かった。前の日に放流すべきと言っていましたが、まさしくその通りの結果になってしまいました。
第6橋梁は川面から相当高い位置にあったのですが、ダムに近かったため放流塊がもろ鉄橋を襲ったのではないでしょうか。見事に流失しています。(写真中央、右手に線路寸断跡)
画像

なお、蛇足ですが本名ダムの「本名」には私が幼少のころ住んでいましたから、大ショックです。

第5橋梁はそのとばっちりみたいなものですね。橋台の土盛部がやられているようです。
画像


第7橋梁も驚きです。かなり高い位置に鉄橋があるのでとても洪水にはやられそうにないのにね。
(直前のブログの写真参照)
これは鉄橋の橋桁そのものが水圧で流されたようです。
画像


謹んで被害にあった方々のお見舞いを申し上げます。

なおいずれの写真もニュースから引用させてもらいました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック