日々佳良好

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝鮮語なんか習ってないから「ヒラマサ」で充分だろう

<<   作成日時 : 2018/01/13 23:18   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりにこのサイトを訪れてみた。
まき やすとも 政経調査会のブログである。
一時面識があったから懐かしさから覗いてみたのである。
そうしたら至極まっとうなことが書かれていてこれは紹介してみようと思いました。


来月に南朝鮮のピョンチャンで開催される冬季オリンピックに北朝鮮が選手団を送る、との報道がなされている。

 南がムン・ジェイン政権の下で南北朝鮮の融和ムードを演出しようとの狙いなのであろうが、そんな簡単に競技に参加できるのか。
 各種目においては国際競技団体のもとで地域の予選会を勝ち抜いて晴れ舞台であるオリンピックに出場できるのではないか。
 各国の実力において出場できる代表選手の人数も限定される。
 例えば女子フィギアスケートでは選考競技会の結果を受けて、日本は今回二人しか出場枠をもらえなかった。
 それが開催国である南朝鮮が許可を与えれば、予期していなかった北朝鮮選手が競技に出場できるというのでは何の為に選考会を行ってきたのか分からなくなる。
 南朝鮮が持つ出場選手枠を北朝鮮に分け与えたという訳でもないようだ。
 何処か誰かからその点の解説を聞いてみたいものだ。

 マスコミ等の表記が気になる
 「平昌オリンピック」、と表記されていれば、私は「ヒラマサ」又は「ヘイショウ」と発音するようにしている。
 「ピョンチャン・オリンピック」、と発音してほしけれカタカナで「ピョンチャン」と記述すべきなのである。
 朝鮮人はことあるごとに「日本の統治下においては日本語を強制された」、と恨み辛みを並べ立てる。
 日本は嘗て統治下において学校を開設し、その中で日本語教育を実施して日本語を広めた。
 しかし、今の我々日本人は朝鮮語を習った覚えはない。
 誰からも朝鮮語教育を受けていないのに平をピョン、昌をチャンなどと朝鮮語発音を強制される筋合いはない。
 声を大にして「ヒラマサ・オリンピック」と、呼称してあげようではないか。

http://makiyasutomo.jugem.jp/?eid=1947


そうだそうだ「ピョンチャン」なんて普通は読めるもんじゃない。
漢字を捨てた国が「平昌」なんて表記はやめれ。
まあ世界でどれだけ「平昌」を「ピョンチャン」と読めるか疑問ではあるが。

それに俄か仕立ての北朝鮮が出場できるんですか。
恥をかくだけじゃないの。
まあ朝鮮人には恥の概念はなさそうだからやれるんでしょうが。

そういえばオリンピックはもうすぐだがまともに競技ができるのかね。
私は面白いスキャンダルを期待してまーす。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝鮮語なんか習ってないから「ヒラマサ」で充分だろう 日々佳良好/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる