日々佳良好

アクセスカウンタ

zoom RSS エリート校が採用したトンデモ歴史教科書その2

<<   作成日時 : 2017/09/11 20:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

エリート校が採用したトンデモ歴史教科書で20ページに及ぶ検証論文の10ページまで紹介しました。

それに引き続きあと残り10ページを紹介しようと思っていましたが、水間政憲さんの次のブログにあるように水間さんへの営業妨害になるので、お預けとすることにしました。悪しからず。

●超拡散希望 《将来の我が国のエリート救済大作戦》
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2577.html

■この度、NHKや朝日新聞・毎日新聞等が報道した一連の教科書採択問題は、灘中学校和田校長が、昨年9月に教科書採択に「圧力を感じた」との趣旨で同人誌に
発表した文章を、大阪毎日放送が報道したことから火がつき、あとは、お馴染み毎日、朝日、中日、神戸、週刊朝日が提灯記事を書き、NHKクローズアップ現代プラスまでも
「もり・かけ」問題の次の安倍首相攻撃のネタにしようと策したのであろうが、その核心に利用しようとした「日本会議と安倍首相」そして、「抗議ハガキ(啓蒙はがき)」の呼びかけを
主導した水間政憲は「日本会議と一体化した人物」と捏造して、あたかも安倍首相が「教科書採択に圧力」をかけたと、大キャンペーンを展開するつもりだったのであろうが、
私(水間)が「日本会議と無関係」だった事が明らかになると、急にトーンダウンしたことは、皆様方も御承知の通りです。

灘中学校和田校長には、私(水間政憲)を特定した虚偽をインターネット上に晒した事に対して、8月31日までに「公に謝罪」を要求しましたが、
無視されたようですので、これを機会に【将来の日本のエリート救済大作戦】を大々的に呼びけることにしました。


現在、将来の我が国をリードするエリート予備候補生が学ぶ東大駒場・灘・麻布・慶応等の中学校は、校長や歴史担当教員の恣意的な判断で、
「中国の隷属国家」になる歴史教育が実施されています。

その弊害は「洗脳教育」によって、安全保障に関して現実的な危機判断が、できない人間に育て上げられることになるのです。

その教科書の問題点は、反日メディアが問題にしていた「慰安婦」問題の記載ではなく、まず、巻頭の世界地図に、中国や韓国の地域名が記載されていても、日本の地名は一切ありません。

仁徳天皇陵を単に「大仙古墳」と記載してあったり、元が攻めてきたのは日本に責任があるとの趣旨で記載され、「元寇」も「文永の役」も「弘安の役」の文言はありません。

このような『学び舎』の教科書で洗脳された子供たちが、将来、我が国を主導するエリートになる事を想像するとゾッとします。

歴史教育は、深層のところで我が国の「安全保障」に直結していることを認識する必要があるのです。

そこで、洗脳教育からエリート予備候補生を救出する手立ては、この度の一連の報道で確信したことは、『学び舎』の教科書を採択した各学校長と歴史担当者は「確信犯」だった事が
わかり、彼らに次回の採択を期待していても子供たちを洗脳教育から救出できないことが明らかになった事です。

そこで、名門の中高一貫学園の現役教師の方から、覚醒されていらっしゃる皆様方に、適切なアドバイスをいただきましたので紹介させて頂きます。


◆《どの学校でもPTA(本来はParents and Teachers' Associationなので保護者教師会、というのが正確なのですが)とよい関係を保っていくよう、気を使っていると思います。
昔と違って、いろいろな側面で 親の意向や要望には敏感になっています。責任問題や人権問題にも、今の若い親はシビアですから。

学校のPTAの会長、副会長、会計、会計監査、各部長、学年代表(3役以外は学校によって異なる肩書きがあるかも知れません)各人に個別に、問題提起の文書や資料を送る、
という提案です。今の親は学習内容には敏感ですし、自分の子供の学校の教科書が問題視されているのであれば、18歳選挙権のこともあって無関心ではいられません。
それにPTA役員をやるような保護者は、社会的にも経済的にも上のレベルの人が多いはずですので、丁寧に呼びかければ問題意識を持って、
教員をも巻き込んで話題にしてくれるのではないでしょうか。》と、アドバイスして頂きました。


そこで覚醒されていらっしゃる皆様方には、各学校の『PTA会長様』『PTA副会長様』『各学年PTA代表様』と『理事長』宛てに資料提供大作戦を実施していただければ、
各学校長が抵抗しても、教科書採択は正常化すると思われます。
私学は、自治体の教育委員会の立場を「PTAの代表者」が務めれるようになる事が理想的ですので、宜しくお願い致します。

そこで必要になる資料は、『学び舎』の教科書の問題点を徹底検証した昨年のWILL6月号『エリート校―麻布・慶応・灘が採用したトンデモ歴史教科書』(20頁)と7月号『……
A中国編』(21頁)の計41頁の論文を、水間条項の巻頭にアップしてある【特別頒布『完結「南京事件」』】と【日中・日韓歴史戦ポストカード】を申込みいただいた方々に
同封しますので、その検証論文に皆様方の丁寧なアドバイスを記載して、各PTA役員の方々に贈ってあげてください。

各学校は、焦るでしょうが、「信書の秘密」は法律で保障されておりますので、学校側が勝手に処分することは出来ません。この歴史教科書問題大作戦は、
私学の歴史教育に「一石を投じる」ことになると確信しておりますので、何卒宜しくお願い致します。

■◆私立中学校◆■

◆【麻布中学校】
〇学校法人麻布学園理事長: 清水 慶三郎殿
〇各PTA役員
〒106-0046 東京都港区元麻布2-3-29 phone: 03-3446-6541  fax: 03-3444-2337

◆【慶應義塾普通部(中学校)】
〇各PTA役員
〒223-0062神奈川県横浜市港北区日吉本町一丁目45番1号

◆【灘中学校】
※講道館柔道を創立した柔道の神様嘉納治五郎が、文武両道に長けたエリート養成のため創設した学校ですが、
 中韓に媚びることがエリート養成になるような学校に変質したようです。

〇理事長 嘉納毅人 殿
〇各PTA役員
〒658-0082 兵庫県神戸市東灘区魚崎北町8丁目5番1号 TEL:(078)411-7234 (代) FAX:(078)411-7244

◆【南山学園中学校(女子部)】
〇各PTA役員
〒466-0833 名古屋市昭和区隼人町17番地 TEL(052)831-0704 FAX(052)834-4575

◆【南山学園中学校(男子部)】
〇各PTA役員
〒466-0838 名古屋市昭和区五軒家町6番地 TEL:052-831-6455 FAX:052-831-7059

◆南山学園国際中学校
〇各PTA役員
〒470-0375 豊田市亀首町八ツ口洞13-45   TEL:0565-46-5300  FAX:0565-46-5303

■◆国立中学校◆■

◆【筑波大付属駒場中】
〇各PTA役員
〒154-0001 世田谷区池尻4-7-1  TEL. 03-3411-8521  FAX.03-3411-8977

◆【東京学芸大付属世田谷中】
〇各PTA役員
〇地歴公民科主任殿
〒158-0081 東京都世田谷区深沢4-3-1  TEL: 03-5706-3301 FAX:03-5706-3340

◆【東大付属中等教育学校】
〇各PTA役員
〒164-8654 東京都中野区南台1丁目15番1号 TEL 03(5351)9050  FAX 03(3377)3415

◆[東京学芸大付属国際中等教育学校]
〇各PTA役員
〒178-0063 東京都練馬区東大泉5-22-1  TEL03-5905-1326   AX 03-5905-0317

◆[奈良教育大付属中]※国歌斉唱をしなかったことで有名になっており、共産党系教科書採用は必然でした。
〇各PTA役員
〒630-8113 奈良県奈良市法蓮町2058-2  TEL 0742-26-1410  FAX 0742ー26-1413

◆◆参考:私立中学校◆◆

◆[広島女学院中学高等学校]
〇各PTA役員
〒730-0014 広島市中区上幟町11-32  TEL:082-228-4131  FAX:082-227-5376


大宮開成中(さいたま市)  獨協中(東京都文京区)  女子聖学院中(東京都北区)  東京純心女子中(東京都八王子市)   法政大中(東京都三鷹市)  

明星学園中(東京都三鷹市)  神奈川学園中(横浜市)   立命館宇治中(宇治市)   金蘭会中(大阪市)   大阪桐蔭中(大阪府)


※水間政憲 近現代史研究家兼ジャーナリスト

◆【動画】【ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線】http://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

◆「歴史戦ポストカード(日英対訳)」を使用して国内外に発送される方で注文・宛先等は
 【オフィス存ホームページ(水間政憲のホームページ)】を検索して見てください。http://officezon.net

◆水間政憲ブログ【水間条項】(転載条件:全文掲載) http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エリート校が採用したトンデモ歴史教科書その2 日々佳良好/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる