日々佳良好

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道守った英雄たち

<<   作成日時 : 2017/08/13 14:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

第二次世界大戦でソ連は日ソ中立条約を一方的に破棄し日本に攻め込んだことは皆さんご存知だと思う。
それが8月9日で、毎年この日は「反ソ連デー」として右翼がロシア大使館近辺で抗議街宣活動を行うようになった。
ソ連の参戦と原爆投下もあって日本はポツダム宣言を受け入れて8/15に戦争を終結させた。

ところが血に飢えたソ連は8/18に武装解除をしている日本に襲い掛かり侵略を企てた。
それが占守島の戦いである。

ソ連は日ソ中立条約を破ったうえ降伏した日本に攻撃してきたのである。
なんという卑劣な国家だろう。
この時日本が反撃しなかったら北海道はソ連のものになっていただろうという。
この反撃があったればこそ北海道は守られたのである。

へーそうだったのか。
占守島は千島列島の最北端で当時日本領であったことは知っていたが、ここで終戦直後にソ連が攻め込んできたことは知らなかった。

しかし日本軍は強かった。ソ連軍をコテンパにやっつけ壊滅寸前まで追い詰めた。
ところが日本はポツダム宣言を守り停戦を余儀なくしたため、その後ソ連のいいようにされた。
所謂シベリア抑留である。
あの時ソ連軍を壊滅していれば北方4島どころか千島列島は日本の領土のままだったかもしれない。
条約違反と停戦違反を犯したソ連に手加減したのが間違いだった。

以上のことは次のブログで知った。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1986.html

あっそうそう。
占守島と言えば占守島で旧日本兵3人の遺骨を発見したそうな。
シュムシュ島で、7月6日から遺骨収集を行っていたロシアの捜索隊が、旧日本兵3人のものとみられる遺骨を発見した。
捜索隊によると、周囲からは、硬貨のようなものが入った財布とみられるものや、部隊の記章とみられる物なども見つかった。
遺骨などは、近く日本側に引き渡される予定。
シュムシュ島は、日本がポツダム宣言を受諾したのちに旧ソ連軍が侵攻し激しい戦闘となった場所で、今回の捜索では、旧ソ連兵とみられる47人の遺骨も見つかったという。
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501028312/










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北海道守った英雄たち 日々佳良好/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる