日々佳良好

アクセスカウンタ

zoom RSS そばの毒?

<<   作成日時 : 2017/08/08 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんな話がある。
http://gensen2ch.com/archives/71718210.html
「日本は植民地時代に韓国人にそばをたくさん食べさせた。なぜか分かるかい」

韓国人の友人の父親からこんな質問を受けた。答えはなんと「そばの毒で殺そうとしたから」らしい。

そして、「でも韓国人は死ななかった。大根を一緒に食べれば毒を中和できることを知っていたからだ」と続けた。

「そんな馬鹿な」と思いつつ、調べてみると江戸時代の書物「諸芸小鏡」に「麺類を食して毒にあたらば、大根を食らうべし。毒消ゆるなり」とあることが分かった。

ただ、この「毒」は消化不良の意味で、死に至るような話ではないと注釈が付いていた。

植民地時代には日本の風習が多く朝鮮半島にも伝わった。しかし、日本による桜の植樹も「民族の精気を奪うため」と曲解されている。

「そばに大根」の風習もどこかで韓国に伝わったのかもしれないが、さすがに歪みすぎではないか。(岳)


そばの毒って初めて聞いたけどそば毒ってあるの?

いろいろ調べたらそんなものは無さそうだ。

しかし!

こんな物騒な話が出てきた。
大概の立ち食い蕎麦は毒の塊でそこの常連は情弱馬鹿だった!偽蕎麦粉にリン酸塩の恐怖


この記事の中で中国がこれだけ出てくる。

・山菜とわらびは中国産
・スーパーで売れない中国野菜が外食に回される
・そば粉の8割は、中国やアメリカなどからの輸入品
・そば=茶色いうどん。小麦粉は中国産
・8割そば、明記あり・・・・中国産蕎麦使用
・わかめも中国産
・中国産乾燥しいたけ

朝鮮の与太話は笑って済ませるが、今の立ち食いそばの原料の多くが中国産だとなるとこれはちょっと考えなくてはならない。

参考記事:外食チェーンの裏側…行ってはいけない!? 立ち食いそばの正体

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そばの毒? 日々佳良好/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる