日々佳良好

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝鮮戦争は李承晩の日本侵攻企てが始まり

<<   作成日時 : 2017/07/02 17:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

朝鮮戦争は、1948年に成立したばかりの朝鮮民族の分断国家である大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の間で生じた朝鮮半島の主権を巡る国際紛争であるが、そのきっかけは李承晩が対馬・九州に侵攻して領土拡大を図ろうとしたからである。
そのことに気づいたアメリカは「そんなことするなら朝鮮半島から引き揚げるぞ」と李承晩に警告を与える。
だが、李承晩はアメリカの警告を無視し対馬に攻め込もうと軍の移動を開始し、38度線の防御が手薄になった。
そこで激怒したアメリカは「韓国なんて守らないからね」と言ったものだから、スターリンは小躍りして金日成(キムイルソン)に命令して、南に攻め込ませたのである。それが朝鮮戦争の始まりである。

戦争が始まるや否や李承晩は戦うどころか武器を持った北朝鮮軍の前で味方を見捨てて、ひたすら逃げ隠れし、武器を持たない自国の一般市民20万人を共産党員だと決めつけて虐殺したのである。李承晩は首都を捨て、橋を落とし逃亡した。 そのせいで韓国の防衛線は完全に崩壊した。
https://ameblo.jp/kujirin2014/entry-12207785608.html

へー李承晩が日本を侵攻しようとしたなんて知らなかった。
この記事を読むと本当に卑怯で酷い奴だ李承晩は。

なにしろ韓国の反日は李承晩が作り上げたわけだから。
彼のお陰でどれだけ日本はえらい目にあったかわからない。
日本を貶めた10傑というランキングがあればまちがいなく1位だろうね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝鮮戦争は李承晩の日本侵攻企てが始まり 日々佳良好/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる