日々佳良好

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮制圧たのみますよー

<<   作成日時 : 2017/02/18 13:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

宮崎正弘氏のメルマガ「国際ニュース・早読み」に憂慮すべき物騒な記事が出ていた。
短いので全文引用します。

「日本は数百年の敵、中国は千年の敵」が朝鮮民族の怨念
  「裏切られた」という意識が急激に中国人に拡がっている


ここまで我慢したのに、われわれの忍耐の限度を超えた。ついに北朝鮮に裏切られたのか、というのが中国に拡がる意識であるとワシントンポストが分析している(2017年2月18日)。

 金正男を永年に亘って政治的に保護してきた中国は、金正男がマカオを離れて、ちょっと外国へ出た隙に暗殺されたということに衝撃を受けている。
公的機関は一切のコメントを避けている。

 暗殺はミサイルテストの翌日であり、まったく中国が予期せぬタイミングでなされ、しかも金正恩の命令であったことがばれない工夫を凝らしていた。
 「もし金正恩の指令であったことが証明されれば、中国は国連の北朝鮮非難決議に加わるだろう」というコメントに留めているが、中国の静かな怒りは納まっていない。

 「金正恩態勢は残忍このうえなく、しかも移り気で予測不能、何をしでかすか判らない」。ということは「暗殺をあれこれ討議するのではなく、われわれがなすことは核戦争に備えることである」
 と政府筋の高官がワシントンポストの記者に語ったそうな。

 つまり「日本は数百年の敵、中国は千年の敵」というのが朝鮮民族のDNAに深く宿る怨念であり、北京にとっては、「裏切られた」という歴史意識が急激に中国人に拡がっている。

      ▽△◎み□◇▽や□◎○ざ◎□○き○□◇


もし支那が北朝鮮非難決議に加わると北朝鮮は暴走し核を使ってくるかもしれないというのだ。
矛先は支那なんだろうが、日本だってわからない。
なにしろ相手は狂犬なんだから。

支那の静かな怒りが狂犬の暴発に向かわせないようにしなければならない。
どうすればいいんだろう。と私が悩んでも仕方ない。 
支那には次のような超能力者がいるようだから静かに刈上げ君を始末してもらいたいものだ。
(アメリカでもいいぞ。)
CIAが「超・エスパー中国人」の存在を暴露! 中国は30年前から「超能力」を国家ぐるみで研究していた!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮制圧たのみますよー 日々佳良好/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる