日々佳良好

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔の北海道サイクリングのトレース旅 -2

<<   作成日時 : 2010/09/05 16:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2日目 6月12 日(土)
7:00朝食はバイキング。食堂は観光バスの運転手・添乗員ばっかりだった。宿のコストパフォーマンスが良い証拠だ。(3名朝食付きでトータル11,000円は安すぎ)7:40ころ「かわなみ」を立つ。
(写真背景が「かわなみ」安くてお勧め  http://www.kawanami.jp/

画像


湖畔から洞爺湖の出口の川に沿って国道453号線に入り南下して国道37号線を走り室蘭を目指す。
(これは国道453号線側からみた当時の昭和新山だが今の姿と変わらない。山に向かう道は未舗装だった。)

画像


3泊目のキャンプ地の推定地である東室蘭の「鷲別神社」を探し当てて境内に立ってみるが、狛犬の場所、社殿の規模も写真や記憶と異なっており一瞬場所を疑った。付近で草刈りをしていた人に尋ねて、狛犬と社殿が移動されたことと、昔の写真も見てもらい、ここに間違いないことが判り場所の確定1号となった。
(当時テントを張った奥に石碑がみえる。これが今も鎮座しており、それがテントを張った場所確定の決め手となった。手前の狛犬は二つとも移動されてこの場所にはない。)

画像


(二人が立っている間の平地が当時テントを張った場所と確定。木立に隠れて石碑の台座が奥にみえる。右奥の社殿は当時ここにはなく後年建て替えと共にここに移った)

画像


白老でポロト湖畔のアイヌコタンを見に行ったが、当時の場所は白老駅の南で旧道の端にあり碑が建っていることが受付嬢の証言でわかった。(当時見学した時は、観光客相手の踊りを見て「あまりに俗化されてしまっていて失望した」と青臭いことを書いている。写真はその場面で中央左後ろ向きの男が酋長である。)

画像


苫小牧は素通りして4泊目のウトナイ湖を目指した。ここも場所の特定は困難でこの辺かな・・でよしとした。

画像


ここから日高に向かう当時の道は事前調査で判っていたが、東苫小牧開発(これも古い事だが)の餌食になり道路が寸断・廃道になっているので新道を行った。高速道路の脇道だが違反を気にしなければ高速と同じスピードを出せる。
昼食は「サラブレッドロード新冠」という道の駅でとった。まあまあおいしかった。天丼800円なり。誠ちゃんは豚丼大盛り、風間君は前日と同じく辛味噌ラーメンであった。
次に目指したのが5・6泊目を過ごした春立のキャンプ地。ここもピンポイントとまでは行かなかったが、ほぼ場所の確定が出来て確定2号となった。そこは当時より浸食で海岸線が陸に近付いていると思われた
(ここでは長雨に祟られて2泊を余儀なくされた。前日炊いておいた飯に蟻が多数侵入して台無し状態になったが、貴重な飯を捨てるに忍びず、一緒におにぎりにして食べた。今でも語り草となっている蟻飯である。)

画像


このキャンプ地の確定に寄与したのが背景の右側に写っている橋である。42年前と変わっていない。

画像


この日の海岸付近は霧がたれこめていたため、当時と同じく襟裳岬観光はあきらめて、一つ内側の国道の7泊目のキャンプ地を目指した。ここも候補地が複数あったが川の規模と雰囲気でほぼ確定ができた。
続いて黄金道路では当時の写真に一致する大きな岩と岬先端に隧道のある場所に止まった。ここは展望台にもなっており、黄金道路の代表的な場所のようだ。
(当時の写真と今回の写真を並べてみるが、当時の道は岬の先端にトンネルがあったが、今は岬の付け根に移り当時のトンネルは廃になっている。さらに当時は電柱がなかったし、手前の岩も高かった。当然のごとく道路は全線舗装されていない。年月を感じさせる。)

画像


画像


黄金道路に至ってからは霧が晴れて景色は抜群だったし、波がすごく荒く道路にまで飛沫が押し寄せ迫力満点であった。でも当時の道は半分近く廃道になり、隧道に置き換わっていたのは残念であった。
広尾で8泊目にキャンプしたと思われる河原(楽古川の橋下)は、大きな橋と護岸工事で変貌を遂げ面影はなかったが、ほぼこの辺だろうと意見が一致した。(橋の上から楽古川上流を見る。キャンプ地は画面左下の河原か。)

画像


ここから国道は廃線になった広尾線と付かず離れず帯広を目指す。途中で幸福駅に寄る。若い女性が目に付いた。
(駅に貼り付けられた名刺類が、こんなに甚だしいとは思わなかった。下に重なった前人への思いやりなどないのか。まあこの行為そのものが利己的だからあるわけないか。)

画像


帯広駅に夕方6時ころに着いた。
ホテルを探して4件ほど料金を聞いて回り一番安い「みのや」ホテルに決めた。素泊まりで3500〜3800円であった。
フロントマンの感じが良かったし、ホテルも悪くはなかった。フロントマンの紹介で近所の飲み屋の「かかし」に入ったが、料理も仲居さんも良く満足であった。コンクールで1位になったというアスパラを豚肉とシソの葉で巻いたフライは中々うまかった。

画像

ホテル目の前のローソンで仕入れをし、部屋でお決まりの2次会で打ち上げをした。
次回3日目に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昔の北海道サイクリングのトレース旅 -2 日々佳良好/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる